もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

アンディとらいおん」 大人が読んだ みんなの声

アンディとらいおん 作・絵:ジェームズ・ドーハーティ
訳:村岡 花子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1961年08月
ISBN:9784834000030
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,569
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 見たことがある

    昔見たことがあるような気がします。
    それで図書館で借りてみました。
    らいおんが好きな少年が、本当に道でライオンと出会います。
    それだけでも不思議だけど
    そんな違和感を感じないお話です。
    絵にも動きがあって、言葉にもリズムがあるので
    2歳の息子にも読み聞かせたりしています。
    多色でなくても、見ごたえあります。

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢中になれる

    アンディのように夢中になれることがあるって素晴しいことだと思いました。らいおんとお友達になれるなんて、やっぱり素敵なことだと思います。足に刺さったとげを抜いてもらったことを忘れないらいおんもアンディも友情で結ばれていると思いました。茶色、黒色の2色の絵ですが、迫力もあって魅入ってしまいました。

    掲載日:2011/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食わず嫌いでした

    • ☆だ〜なさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子3歳、男の子1歳

    いい本として薦められているのですが、表紙がどうも苦手なタイプでなかなか手に取らないまま過ぎていて。。。

    ある会で手にする機会があり、今まで読まずにいたことが勿体なく思ってしまいました☆

    寝ても覚めてもライオンを想う男の子。
    ライオン好きな男の子が実際にライオンに出会ったら・・・???

    男の子の反応にいい意味で予想を裏切られ、思わず笑ってしまいました☆

    この本で、ニューヨークではライオンが図書館の象徴になっているということを知りました!

    掲載日:2010/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作者の ジェームズ・ドーハーティさんの 産まれて育った開拓者魂が絵に表れていて 動きのある絵に魅せられてしまいました!

    図書館で借りたらいおんの本ごはんのあいだも読みふけるほど、 ほらお父さんが 怒っているよ
    アメリカの生活ぶりがよく分かりますね
    お父さんは 父親の威厳を子供に伝えていて 顔を洗うときも耳の後ろも洗いなさいだって、こんな父親の子育てぶりに感心して読みました。
    お母さんが 学校へ行く前に ブラシで紙をとかしてあげている ほほえましさ・・・・

    さすがに 後世にも語り継がれるであろう絵本だと思いました

    そして らいおんとの出会い らいおんの前足に 太いとげが刺さってたんだ。
     
    アンディが抜いてあげているところが 私もハラハラどきどき!
    がんばれ! 応援したくなりましたよ

    すぽんと、ぬけ    ました!

    すごい迫力でした!

    ここから始まったんですね 二人の友情は 
    サーカスで二人が出会ったときの 喜び 本当に嬉しくなりましたよ

    アンディがらいおんの本を図書館へ返した後 二人はどうしたのかな?


    村岡はなこさんの訳で 余韻をのこして終わったところが また魅力がありました

    人生の 出会いと 友情の物語 いつまでも 読まれるといいですね!
    彼の  魂を感じました!

    掲載日:2010/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生き生きとした動き。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    アンディは図書館に行き、ライオンの本を借りました。その本を夢中で、ずっと読み続け、おまけに、おじいさんがライオン狩りの話をしてくれたので、アンディの頭の中はライオンでいっぱいになりました。
    そして、学校へ行く途中で、一匹のライオンと出会うのです。

    ライオンとの関わりあい方が、とても愉快で楽しい気分にさせてくれます。絵に遣われている色は、とっても地味なのですが、その描き方には、躍動感溢れる、ダイナミックな動きがみられ、みているだけで、いっしょに動き回っているような気持ちになります。
    これから先も、ずっと読み継がれていく絵本に間違いありません。

    掲載日:2009/09/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「アンディとらいおん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / だるまさんが / おおきなかぶ / おふろだいすき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット