おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

いやだいやだ」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

いやだいやだ 作・絵:せな けいこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1969年11月
ISBN:9784834002164
評価スコア 4.23
評価ランキング 15,345
みんなの声 総数 237
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 悲しい気持ちになりました

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子1歳

    最近、条件反射のように「イヤ!」と言いはじめた、もうすぐ2才のお誕生日を迎える息子に。
    絵本ナビで、皆さんの賛否両論の感想を読んだ上で、購入しました。
    正直、実物を読む前は
    「絵本はとらえ方次第で、プラスにもマイナスにもなる」と思っていて、
    息子に読み聞かせるときに、私がプラスにとらえられるような言葉がけ
    (○○すれば大丈夫だよ、○○くんはそんなことしないもんね、等)
    をすれば、問題ないだろう、と思っていました。
    でも・・・
    なんでしょう、この後味の悪い読後は・・・
    大人が読んでも、モヤモヤします。
    だって、ルルちゃんがこんなに悲しそうな顔をしているのに、ほったらかしで終わるんですもの。
    息子は抱っこ大好きなので、
    ママが「いくら呼んでもだっこしない」というところでは、
    とても悲しそうに「だっこ、ない・・・」とつぶやきます。
    読んだ後、息子に「なんでもイヤだって言わなければ大丈夫だよ」と言いましたが、
    まだ2才前の彼にとっては、絵に描いてあることがすべてのようです。
    それ以上の想像や、続きを考えたり、ママの話をじっくり聞いて理解したり・・・そういったところまで発達していません。
    (それが普通だと思います)
    もっと大きくなっていて、ママと会話も成り立っているならば、話は別かもしれませんが、2才のイヤイヤ言う時期のためには、ちょっと酷かも。
    そもそも、絵本はしつけのためのものではなく、遊びの一環だと思っているので、遊んでいるときにまでこんな言葉をかける必要はないのでは・・・
    普段の生活でママが「ごはんイヤイヤ言うならたべなくてもいいよっ」とか言うのとは、わけが違います。
    私は、イライラしてそう言っちゃうことよくありますが、その後にちゃんと抱きしめてフォローしますもの。
    ママのおひざに座って絵本を読む、楽しいはずの時間に、「イヤイヤ」って言っていたときのことを蒸し返すように読まれたら、子どもも悲しいと思うのです。

    裏表紙でもいいから、ママがルルちゃんを抱きしめる、そのシーンを描いて欲しいです。

    掲載日:2008/02/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • イヤイヤ期

    イヤイヤ期やってきます。その時期じゃない時にはたから見ると、大変だなって思ってました。やってくると本当に大変でした。

    そんなお母さんの助けになる絵本なのでしょうか?
    ルルちゃんはイヤイヤ期まっただ中。何でもイヤイヤいいます。
    そんなにイヤイヤ言うなら、お母さんもイヤイヤ言うし、大好きなおやつも・たいようさんもイヤイヤ言っちゃうよ!
    みんなにイヤイヤ言われちゃったら、ルルちゃんどいうする?って話ですが・・・・息子に読みましたが、ちょっと怖がりました。
    だって、イヤイヤってお母さんを困らせたり嫌われたくてやっているわけじゃないかな。
    この辺はわかっちゃいる同士の攻防戦ですかね。
    絵本を使って、お母さんの気持ちも軽く盛り込んで伝えるぐらいたいいと思います。本当に抱っこされないなんて恐怖です。

    数回読んだ程度で、しまってしまいました。読み聞かせでも難しい絵本です。

    掲載日:2016/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2歳にピッタリ!

    「いやだいやだって○○ちゃんはいうよ」とルルちゃんの名前を変えて何回も読みました。

    いやいや期の子どもそのものを描いている絵本ですよね。最後の読み手への問いかけもとってもいいなと思います。読み終わった後の子ども達の表情を見るのが本当に楽しいです!(笑)

    掲載日:2014/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママもいやだいやだ!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子1歳

    最近いやだいやだ炸裂の1歳9ヶ月の娘。

    「それならママもいやだっていうよ!」
    「おかしもわるいこのおくちには行きません」

    これとってもいいな!と思い、
    図書館から借りてきて一緒に読んだのですが、
    全然答えてない・・・。
    笑うところじゃないのに、面白いみたいでケタケタ笑ってます。

    ま、いいか。
    楽しそうだし。

    最後の
    「そしたらるるちゃんはどうするの?」のところも、
    ケタケタ笑い。
    笑うところちゃうって・・・。

    君のいやだいやだはママもいやだなのだよ・・・。
    と苦笑しつつ、毎回一緒に楽しく読んでいる一冊です。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • イヤイヤ期の息子へ

    • あややさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子1歳

    この本に出てくるルルちゃんも相当なイヤイヤ期。
    イヤイヤばかり言っては周りを困らせます。
    その結果、みんなからイヤってされてしまい、困ってしまったルルちゃんはどうするの?…と、こんな中途半端な所で終わってしまいます。
    何でもハッピーエンドで分かりやすい絵本ではありません。
    あえて問題を解決しないで「さあ、自分で考えてごらん」というスパルタさが新鮮なんです。
    ルルちゃんと同じイヤイヤ期の息子が何故かお気に入りの絵本です。
    これを読んだ後は、少し神妙な面持ちで考えている風にも見えたりします^^

    掲載日:2013/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • こまったらこれ

    いやいやが始まってきた1歳の息子に…まさにうちの息子だ!と思い図書館で借りてきました。お兄ちゃんたちは面白がってよく読んでいるのですが、1歳のイヤイヤ盛りの息子にはこれを読むのをいや!と言われてしまいます。
    表紙のおこった顔もなんとなく嫌いなようです。イヤイヤが早くおさまるのを願っています。

    掲載日:2012/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと悲しくなります・・・

    1歳の娘の誕生祝に頂きました。

    せなけいこさんの絵本は、ちょっと考えさせられるところがある、とは
    思っているのですが、この本には救いが無い感じがしてしまって親は苦手です。
    「こんな否定的なことばかり言ってしまっていいのかしら??」
    「ルルちゃんがいやだいやだって言うからって、おかあさんは大人なんだから、
    張り合っていやだいやだって言わなくても・・・」

    もしや、大人だからいつでも冷静でいなければならない、というプレッシャーから
    母を解放しようとしてくれているのか??

    娘は、まだ「???」という感じで聞いています。
    私自身、「???」と感じながら読み聞かせています。

    掲載日:2012/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • イヤイヤ期の本人もいやいやについて考える

    • ぴえぴえさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子7歳、男の子2歳

    「いやだいやだ」と言うと、お母さんもお気に入りのくまちゃんも
    みんなに「いやだ!」って言われちゃう。

    最後に「そしたら〇〇(子供の名前)、どうするの?」と問いかけると

    「そっかぁー、そうだよねなぁー」と考えているような神妙な面持ちでした。

    イヤイヤ期を乗り越えるのは大変ですけれど、
    こういった絵本等に助けられながら、
    一番かわいい時期を楽しもうと思わせてくれた一冊です。

    掲載日:2012/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • いやいや期

    我が家の次女が、もうすぐ2歳で、いやいや期が始まってしまったようです。
    この絵本でも、「いやだ いやだ」と女の子が言っています。
    すると、お母さんも、おやつもみんな「いやだ いやだ」と離れていきます。

    「いやいやはダメ」と、こんなにストレートに伝える本は、他にないのではと思います。
    離れるものが身近な物ばかりなので、子供にもインパクトがありそうです。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママのストレス解消に

    1歳半頃から始まるイヤイヤ期。
    どうしても親の方もイライラしてしまいます。

    そんな時、この本を感情込めて読んでストレス発散していました。
    「ルルちゃんどうするの?」自分の子の名前に変えて読んでみたり・・・
    「ママもだっこしない」とちょっと意地悪く読んでも、
    本のセリフなので、自己嫌悪に陥ることもありません。

    子どもも本を読んでもらって喜んでいるので、
    一石二鳥かな(笑)

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いやだいやだ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


風変りで美しい表現方法がたくさん!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット