ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
全ページ立ち読みスタート! ばけくらべ対決はどうなるかな〜?

まほうのえのぐ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

まほうのえのぐ 作・絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1997年8月15日
ISBN:9784834012804
評価スコア 4.73
評価ランキング 939
みんなの声 総数 111
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • こんな風に絵が描けたら

    お兄ちゃんの絵の具を借りて、よしみちゃんが描いた絵は色がぐちゃぐちゃに混ざり合った茶色い絵。でもある出会いから、ただの絵の具はまほうの絵の具のように活躍し始めます。しっぽを使ったり、体全体を絵筆にして絵を描く動物達はとても楽しそうで、こんな風に楽しみながら絵を描くことが出来たらなぁと羨ましくなります。お話を読み終えた後は、それぞれの動物が描いた絵をじっくり眺めるのがお約束。スズメの描いたこのおじさんは一体誰だろう?カラスはいつもこういう風景を見ているんだなぁ、と想像が広がります。

    掲載日:2016/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵のせんせい

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     この絵本は、娘の絵のせんせいになりました。
    魔法のえのぐを信じるも、信じないも、
    それはそれぞれのひとの、子どもの、感性です。
    主人公よしみのお兄ちゃんが、妹の描きあげた絵を見て
    「本物の 魔法のえのぐだ!」と驚いたことでもわかります。

     ここには、こどものせかいがあふれていました。
    現実と想像の世界とを、先導してくれる虫たち、鳥や動物たちが、
    無言ですがまるで、私たちにささやきかけるかのように
    中へ、森の中へ、えほんの中へと誘ってくれました。

     こどものせかいで描きあげた絵が、現実のものとして
    絵本の裏表紙に飾られている!なんて素敵な発想でしょう。
    何よりも、「そのえのぐ」まみれになった満足顔の主人公に、
    見えないけれど、とても響くものをもらったようでした。

     林明子画伯こそ、魔法のえのぐのをお持ちです。
    感謝

    掲載日:2015/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵

    お絵かきといったら、まだ、クレヨンや色鉛筆がメインの息子ですが、
    これを読んだら、絵の具でも遊ばせてみたいなーと思いました。

    お兄ちゃんがひっくり返るほど驚いた絵。
    どんな絵なのかな〜って思ったら、ちゃんと裏表紙に素敵な絵がのっていました。

    掲載日:2014/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ビックリうれしい

    娘が小さい頃に大好きだった絵本。久しぶりに読み返しましたが、やっぱりかわいくてほのぼのしました。
    お兄ちゃんの絵の具を無理矢理に借りて、「どろんこのえ」を描いてしまってがっかりのよしみが、パレットを洗って帰ってくると、ビックリ。森の動物たちが絵の具を使ってとっても素敵な絵を描いていたのです。
    それを見たおにいちゃんとよしみの、ビックリとうれしさが混じった表情がたまらなくかわいいです。

    掲載日:2014/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い絵描きさん♪

    • ミモザさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    お兄ちゃんの絵の具を借りて、ちょっとした画家気取りの妹。
    そのうち動物たちとも一緒にお絵かき、楽しそうです。
    「この絵の具はお兄ちゃんのだから・・・」って動物たちにちゃんと言えるところがえらいなあ。
    最後に、できあがった絵を見てビックリするお兄ちゃんの表情もかわいい。
    ページ上部の枠の、いもむしの絵にもご注目!

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の具で思いっきりお絵かき

    いろいろな色を使って絵を描くということの難しさ、楽しさ、
    自由に描く事の楽しさ、素晴しさを教えてくれます。

    うちの娘はお絵かき大好きなのですが、まだ好きな色だけを使って絵を描くことが多いので、この本を通じてたくさんの色があること、その美しさなどを感じてくれればなと思います。絵の具でお絵かきした〜いと言い、マスマスお絵かきが好きになったみたいです。
    森の中で、動物たちとこんな風に描けたら楽しいだろうなぁと思います。
    裏表紙がまた素敵です。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無心になれるね

    林明子さんの描く子どもは、本当にいつも子どもらしくて、我が子の
    姿と重なります。
    おえかきしている姿も。
    無心になれますよね(いや、元から子どもは何をするのも無心かも
    しれませんが)。子どもだけでなく、動物達まで楽しそうにかわいらしく
    おえかきしていたので読んでいてほほえましいなあと思いました。
    そんな風にして描いた絵が素敵じゃないはずがありません!
    えのぐもまほうのえのぐかもしれませんが、小さい子どもは、みいんな
    まほうの力を持っているのだと思います。
    娘もよしみの気持ちがとってもわかるようで、うれしそうに読んで
    いました。

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 林明子さんらしい

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子3歳

    林明子さんらしい、優しさたっぷりの絵本。
    動物がたくさん出てきて楽しいです。
    動物や虫たちに絵の具を貸してあげるよしみちゃん、優しいなぁ。いい子だなぁ。素朴な雰囲気に癒されます。

    個人的には森の木の表情がツボでした。ぜひ注目して見てほしいです

    掲載日:2011/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢あふれるおはなし

    絵が大好きな娘に読みました。


    得意げに絵をかくお兄ちゃんの顔、
    お兄ちゃんから絵の具を借りたよしみちゃんのうれしそうな顔、
    動物達と絵を描く楽しそうな顔、
    本当に素敵な絵が子供を夢中にさせてくれます。

    とても素敵な、心温まるお話です。

    掲載日:2010/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵を描く楽しさが伝わってきます

    4歳の娘に読みました。
    お兄ちゃんの使っている絵の具、よしみちゃんは使いたくてしょうがありません。いつも「ダメ」と言われますが、よしみちゃんの押しに負けてお兄ちゃんが絵の具を貸してくれることに・・・。

    ずっと使いたかった絵の具。あれもこれもと色を加えていくうちに、色んな色が混ざり合って、茶色になってしまいます。娘に初めて絵の具をやらせた時と一緒!
    森の動物たちとの交流がとても楽しいですね!動物たちもそれぞれ思いのままに絵を描いていて・・・こんなふうにお絵かき出来たら楽しいんだろうなぁ。よしみちゃんの表情もとっても生き生きと描かれています。
    動物たちと描いて出来上がったよしみちゃんの絵。とっても素敵です!
    裏表紙のよしみちゃんの絵を娘もじっくりと見ていました。
    絵を描く楽しさが溢れている絵本です。

    掲載日:2009/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「まほうのえのぐ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『ダイズマンとコメリーヌ』 <br>中川ひろたかさんインタビュー

みんなの声(111人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット