貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

アンジェリーナとなかよしアリス」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

アンジェリーナとなかよしアリス 作:ヘレン・クレイグ キャサリン・ホラバード
絵:ヘレン・クレイグ キャサリン・ホラバード
訳:きたむら まさお
出版社:大日本絵画 大日本絵画の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:1988年
ISBN:9784499206204
評価スコア 4
評価ランキング 19,683
みんなの声 総数 7
「アンジェリーナとなかよしアリス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あっと言わせるパフォーマンス

     2歳からバレエを習っている娘は、このシリーズといっしょに大きくなった、と言ってもいいくらい、いろんな場面で、または節目で、アンジェリーナのお話を読んできました。

     今回のお話の中には、バレエのシーンは登場しないのですが、代わりに、体操や新体操の楽しさがいっぱい! 娘も、早速、本を読んでいる途中に、ベッドから飛び下り、壁に向かって逆立ちを始めました! でも、アンジェリーナのようにすぐに倒れてしまい、うまくできません。

     バレエの時と同じく、がんばりやのアンジェリーナは、なかよしアリスの助けを借りながら、どんどん上達していきます。「アンジェリーナ、コロンジェリーナ!」と、からかっていた上級生たちを、あっと言わせるパフォーマンスは、本当に見事ですね。

     娘にも、チャレンジする心を持ち続けてほしいな、と願っています。

    掲載日:2010/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「アンジェリーナとなかよしアリス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / だるまさんが / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「観察が楽しくなる美しいイラスト自然図鑑」シリーズ 編集者インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット