うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

みんなでね 改訂版」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

みんなでね 改訂版 作・絵:まつい のりこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:1983年07月
ISBN:9784031024600
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,268
みんなの声 総数 91
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • お気に入りの1冊

    • 安馨さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道

     1歳1ヶ月の娘がこの本が大好きです。一日何回も読んでと持ってきています。最初はページをめくるだけでしたが、だんだんまじめな顔がして見てるようになってきました。「みんなでね、まんまたべたの」「ぶーぶーにのったの」「ねんねしたの」のページになると、一緒に「まんま」、「ぶー」、「ねんね」と言います。最初に言いだした時、うれしくて、思わずぎゅっと抱きしめたのです。私にとっても、きっとすばらしい思い出の1冊になると思います。もう暗記して、オムツを取り替えるときとか、ぐずぐずするときに、「みんなでね、まんまたべたの」と言ったら、笑ってご機嫌です。

    掲載日:2012/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの一日の生活

    みんなでね、おきたの。
    みんなでね、まんまたべたの…

    子どもの一日の生活に即した繰り返しの絵本。
    ゾウやネコ、アリ、そして風船と、子どもたちの大好きな生き物(は)と一緒に一日を楽しむ様子が描かれる。

    繰り返される「みんなでね」のあったかさが嬉しい。
    自分では動けないはずの風船とかたつむりが、どうやってみんなと一緒に行動しているかに注目するのも大人としては楽しい。

    小さいサイズの絵本だが、輪郭線がくっきりしていて分かりやすいので赤ちゃん向けおはなし会にも。
    「まんま」「泣く」「おふろ」など理解し始めた1歳半頃からの子たちにおすすめ。
    最後が「ねんね」なので、お昼寝や夜寝る前の一冊としても使える。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1歳になって反応が変わった!

    0歳のときに購入した本でしたが、初めは同じシリーズのばいばいの方ばかりを喜んでいましたので、こちらはあんまり好きじゃないのかなとちょっと残念だったのですが、1歳を過ぎた今、とても好きな本の一つになり、自分で読んでって持ってくるようになりました。また指さしをしたりはしないのですが、一緒に読みながら、ページ毎に必ず出てくるぞうさんやねこちゃんを一緒にここにいるね、と確認しながら読んでいます。いつかこのページのねこちゃんどこ?ここ!!!とコミュニケーションができるようになったらいいなあという期待を持ちつつ、楽しんでいます。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1才過ぎてから

    まついのりこさんの「あかちゃんのほん」シリーズです。
    シリーズの他の本よりも、少し成長する面がみられます。
    他に比べて、絵が細かくなりますし、お話の内容も外遊びやトイレなど、生活習慣に関わることでした。
    赤ちゃん絵本というよりは、幼児向けかな。

    コンパクトなサイズで厚く丈夫にできているので、長く読めそうです。

    掲載日:2011/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもの1日

    「まんま食べたの」と読むと、1歳の娘も食べるマネをして「おいしい!」といいます。
    「ねんねしたの」と読むと「ねんね」と言ってねんねのポーズをします。
    起きて、ごはんを食べて、遊んで、寝て…
    子供の生活パターンにぴったり合っていて、知っていることばかりが出てくるので理解しやすいのだと思います。
    一見地味な印象ですが、いい絵本だと思います。

    掲載日:2010/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘も一緒に

    いつもの生活が絵本になってるので娘にも分かり易いです。

    「おはよう」とか「すいすい」とか一緒に言ってます。
    最後のみんなでねんねするところも一緒になって「ねんね〜」って
    言ってたのでかわいかったです。

    持ち運びにも便利です。

    掲載日:2009/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生活に密着

    現在1歳3ヶ月の娘がお気に入りの一冊です。
    ぞうさんやねこさんなど、動物が登場することと、
    お話が日常生活の1日に沿っていて身近に感じられるので、
    気に入っているのかなと思います。

    起きるページでは、おはようございますのお辞儀をし、
    食べるページでは、いただきますのポーズをし、
    そして、泣いてるぺーじを読むときに泣きまねをすると、なぜか大爆笑!
    寝る前に読むと、最後の寝るページを読んで、ゴロンと寝る体勢になります。

    娘の反応が良いので、読んであげるのも楽しいです♪

    掲載日:2009/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 僕も一緒に・・・

    10ヶ月の頃に読んだときにはあまり反応がなかったのですが、1歳を過ぎてこの本がおもしろくなってきたようです。少しずつ言葉も出てきたので、「ぶーらん」など口真似するようにもなりました。1歳の子の育児は毎日が同じことの繰り返しでもあり、それを絵本の中で楽しく「みんなでね・・・」と読むとママの私も一緒に何かをしているようなそんな気持ちになりました。現在1歳4ヶ月ですが、毎日少しずついろんなことが分かってきて、この絵本も少しずつ理解が深まっていくようで楽しみです。かわいい男の子ややさしい絵もお気に入りです。

    掲載日:2009/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 皆でする楽しさ!

    手のひらサイズの絵本です。外出時にとても便利で、厚紙なので破れる心配がないです。男の子と動物たちの笑顔が素敵です。「みんなでね、」の語りかけ言葉がとても優しいです。皆でいっしょにする楽しさが伝わってきて、読んでいる方も楽しくなります。赤ちゃんにとくにお薦めです。温かい絵にもとても和やかな気持ちにしてくれます。

    掲載日:2008/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • まついのりこさん

    娘がまついのりこさんの”じゃあじゃあびりびり”という作品を愛していて大好きなのでこの絵本を選びました。サイズも小さめで厚紙で頑丈に作られているので娘にも安心して持たせることが出来満足しました。(私も娘も)どの場面も主人公が一人でやるのではなく友達みんなと行動を共にしている所が良かったです。娘は自分の知っている単語の場面には大喜びで参加する事が出来ました。この絵本から又いろいろ場言葉に発展するといいなと思いました。

    掲載日:2008/11/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「みんなでね 改訂版」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / くだもの / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(91人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット