だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ダンプえんちょうやっつけた」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ダンプえんちょうやっつけた 作:ふるた たるひ たばた せいいち
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1978年04月
ISBN:9784494006076
評価スコア 4.79
評価ランキング 375
みんなの声 総数 56
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なにもかも・・・

    なにもかもが当たり前で何もかもが新鮮だった。
    みんなこんな風に伸びやかにゆるやかに子ども時代を満喫していた。
    そして、我が子にもこんな風に・・・と思いながら子どもの環境を思う。

    正直、登場する子どもたちに「昔の時代」を感じなかった。
    私が今連日子どもを連れて遊びに行く場所の空気感が、絵本のなかにあったせいかもしれない。

    この絵本の中で子どもたちは空想を膨らませ、自然を巻き込み遊んでいる。既成の遊具がなくても遊べる、子どもの力ってすごいよ〜そう思わずにはいられない。
    だからこそ、園庭のない保育園とゆう環境が際立って感じる。

    ダンプえんちょうのすごさはパワフルなだけではなくて、子どもたちがルールを決め、子どもたちが主体で遊びこんでいくのを誘導したり、強制したり、なにより邪魔しないこと。
    一緒に遊ぶ。
    遊びながら大人として、そっと見守っている。

    子どもたちの海賊ごっこが、この絵本のほとんどをしめているように
    子どもの一日は「思い切り遊びこむこと」「思い切り楽しむこと」で満たされることが理想のように思う。

    さて今日も夕日が沈み寒くてお腹がすくまで、思い切り遊んできます!!

    大切なことを再認識しました。
    すっかり著者のお二人のファンです。

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • なつかしい

    「幸せの絵本」に紹介されていたので、早速借りてきましたが、
    本の厚さに、読み聞かせをやめようかと思いました・・・。

    我が家にとっては初めての長編です。
    読み聞かせをすると、40分はたっぷりかかります。
    でもせがまれる度に読んで、後半はだんだん上手になりました。

    港町の小さな保育園のお話。
    町の物はみんな子どもたちの遊び場で、物はなくても、
    子どもたちはイマジネーションで十分遊べるという、
    ちょっと昭和な匂いのする作品です。


    私は学童保育の指導員をずっと長いことやってきましたが、
    その時のことを思い出して、なんだか懐かしい気持ちになりました。
    毎日朝から晩まで子どもたちと一緒に真っ黒になって遊んだものです。

    そしてダンプえんちょうみたいな人を私はたくさん知っています。


    でも自分に子供が生まれてからは、冒険から遠ざかり、
    「あぶないからやめなさい」という言葉が、随分増えました。

    命にかかわるような大きな怪我でなければ、
    小さい怪我はたくさんするもの

    と思っていたのですが・・・。

    冒険の数だけ怪我が増え、
    怪我の数だけ成長がある

    もっと息子と一緒に冒険しようと気づかせてくれた作品です。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい!

    こんな保育園が近くにあったらな〜
    って本気で思いました。

    遊具がなくてもなんでもこどもの遊び道具に変身して
    何もない原っぱも広い海に見えてくる。
    最近の子供にはそれがあまりないような気がします。

    実際自分の子供にもそう思います。
    現実主義と言うか、なんというか、、、
    こんな保育園でこんな園長先生ならなんでも楽しくなるような気がします。

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心もからだもたくましく育つ一冊

    女の子2人を子供に持つ友人からぜひ読んで欲しいと言われた一冊。
    図書館になかったので、購入しようやく手にして半信半疑で読んでみた。
    長文で4歳の息子は最後まで聞けるかという心配をよそに、絵本の中の登場人物のひとりになりきりその世界へとはいっていた。

    お話は、9人のくじらぐみの子供たちとえんちょうのはじめての遠出、それだけでこどもたちの胸は高鳴る。リヤカーでの移動が年代を感じるが、またいい。
    遠出したひなたやまで、海賊ごっこ。なにげない洞穴が子供たち海賊の秘密の基地となり、小高い山のしたが大海原となる。子供たちの想像がどんどん膨らんでくるのが読み手にも分かった。
    しかし、まだ話ははじまったばかり、ここから強いダンプえんちょう対子供たちのかいぞくごっこがはじまるのだ。お互いの宝を目指して一生懸命作戦を練り、作戦が失敗しても踏ん張り、互いを助け合う。まさか海賊ごっこでここまでこどもたちが成長するなんて。

    大人にはない、子供たちの秘めたパワーを実感し、読み終わったあとはすがすがしい気持ちになりました。
    この本にはまった息子は、毎日読んでくれとせがみます。
    読んであげるには、結構長いのと、本の中の海賊ごっこで棒を振り回し「きられた!しんだ!」のことばが親としては気になります。そういえば、私も小さいころはいってたかなあ?
    それ以上にぜひ読んであげて欲しいとお友達にお勧めする1冊となりました。

    掲載日:2010/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 痛快!!!

    ちょっと長いお話ですが、ストーリーに引き込まれる事は間違いない!!!

    ダンプえんちょう(正義の味方) VS わらしこ保育園の子供たち(海賊)
    この設定だけでも なんだかワクワクしてきませんか?

    4歳の息子はインドア派だったのですが幼稚園に行くようになって外遊びの楽しさを知ったらしく「鬼ごっこ」など走りまわるのが好きになってきました。
    だからかもしれませんが「海賊ごっこ」の話にはハマりまくってました。
    もしかしたら幼稚園で「海賊ごっこ」してるのでは???

    外遊びを通じて子供たちはいろんな事を考えているんだな〜
    子供たちはこうやって成長し知恵をつけていくんだな〜
    と・・・つくづく思いました。

    掲載日:2009/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今では、ファンタジー?

     3歳半ごろの「おしいれのぼうけん」もそうでしたが、早いかなと思いつつ待ちきれずに4歳半頃、孫娘に。
     (できれば、孫娘の成長に合わせて、タイミング良く、楽しんでもらえるときに、接して欲しいな、と思った1冊でしたので)
     でも、杞憂でした。
     「おしいれのぼうけん」と同様に、最後まで熱心に聞き入り、何回か再読しています。
     
     「おしいれのぼうけん」が保育園の屋内版なら、おもむきが少々違いますが、これはその屋外版といってもいいのでしょうか。
     共通して感じるのは、冒険心や集団あそびをキーワードに、伸びやかに成長する園児と大らかに包み込む保育者への賛歌といったら大げさでしょうか。

     孫娘の反応ですが、やはり「さくら」の成長でしょう。
     年中さんになり、年長さんや、年少さんとの集団あそびも増えてきたこの頃、この絵本が何かのヒントになってくれているかな・・・(むろん、なっていなくてもいいのですが)

     描写の風景や内容が、現実味よりファンタジーに感じさせるところもありますが、(今でも、この絵本と同様な視点にたっての先駆的な試みが、一部の保育園や地域で行われているのは承知していますが)、それでも、絵本の世界であっても、多くのお子さんやお母さん方に支持されている、うれしいかぎりですね。(じじのつぶやき)

    掲載日:2007/04/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ダンプえんちょうやっつけた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(56人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット