モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ぼくの村にサーカスがきた」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくの村にサーカスがきた 作・絵:小林 豊
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年11月
ISBN:9784591052068
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,848
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • きれいな景色と戦争と

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    秋から冬へと移り変わる景色の美しい絵本です。

    娘はこの絵本でアフガニスタンという国を知りました。

    「靴、だれもはいていないんだね」

    秋の畑仕事の風景、だれもはいていないのに気がつきちょっとびっくりしていた娘。

    サーカスには何でも売っているのだけれどアイスクリームは見ているだけ・・。
    「買えないの・・?」
    娘が聞きます。 珍しくって高いのかもね・・と答えるわたしに不思議そうな表情をする娘。

    戦争に行ったまま 帰ってこないお父さんの残した笛をいつも吹いているお友達。

    戦争の意味もよく知らず、わからず。けれど最後のページで何となくわかったみたいなのです。

    ずっと続いていくと思っていた日々の暮らしが、家が、村が戦争という何かのために突然なくなってしまうということ。

    あんなに笑い声があふれていた村が戦争で今はもう誰もいなくなってしまったということ。

    「わかんないんだけど。 なんか ぎゅってなった。」

    と言って、ぽろぽろ涙をこぼしていました。
    きっと何かを感じ取ってくれたのだと思います。

    掲載日:2008/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくの村にサーカスがきた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

バムとケロのにちようび / 100万回生きたねこ / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット