貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

大あらし」 大人が読んだ みんなの声

大あらし 作・絵:デイヴィッド・ウィーズナー
訳:江國 香織
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1995年
ISBN:9784892386039
評価スコア 4.44
評価ランキング 8,241
みんなの声 総数 15
「大あらし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ワクワクする冒険が好きな男の子たちに

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    ウィーズナーの作品はどれをとっても、本当に描写が丁寧で素晴らしい仕上がりの作品になっています。
    「大あらし」って、日本でいうところの台風ですよね?雨も降っているし…。
    兄弟のやり取り、飼い猫のしぐさ、表紙絵を見ただけでも、このお話がどんな物語なのか、何となく想像することができます。

    個人的に猫は大好きなのですが、特にタオルでごしごしやられているときの「なんかむかつく」的な表情は、いかにも猫がしそうでおかしかったです。

    この主人公の兄弟的には前半の嵐自体よりも、むしろ後半の嵐によって起きた出来事の方が大事だったようです。
    想像力のある男の子たちなら、一度はやってみたいだろうごっこ遊びがたくさんでてきました。
    ワクワクする冒険が好きの男の子たちにお薦めしたい1冊です。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「大あらし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / だるまさんが / どんどこ ももんちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット