ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

かってなくま」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

かってなくま 作:佐野 洋子
絵:広瀬 弦
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2000年10月
ISBN:9784032320701
評価スコア 3.91
評価ランキング 28,617
みんなの声 総数 22
「かってなくま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あなたはどう思いますか?

    読み手によっていろんな風に「かってなくま」は解釈されるのでは、と思われます。

    私にとっては、ぶっきらぼうでちょっと照れ屋のかわいらしいくま。

    口では上手に言えず、冷たい態度。
    でもみんなのためを思ってせっせと働き、みんなが喜んでくれるとかってに信じてお花をプレゼント。
    確かにかってです。
    イラストがすごく素敵で、そんなかってなくまもまん丸目玉ですごく愛嬌がでていて、よけい「かってなくま」を応援してあげたくなります。

    しかし4歳の息子にとっては、
    お友達の返事にも「ぼく、いそがしいんだ」と、ちゃんと答えず、
    「くっちゃうぞ」とおどしたりするいじわるなくま、だそうです。

    掲載日:2009/04/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 解釈が分かれそう

    本当は皆を喜ばせたくて花を育てているのに、何をしているのか聞かれると乱暴な返事をするクマ。うーん、これって「勝手」というのとは少し違うような…。子供達に「勝手って何?」と尋ねられるも、この本では少し説明しづらかったです。最後にフクロウが「花はいらない」と断るシーンでは、息子が「クマさん、可哀想…」と呟いていました。大人でも解釈の分かれそうなこの絵本。文面通りに全てを受け止める4歳児に読んであげるのは少し早かったかな。

    掲載日:2016/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考え方はみんな違う

    「かってなくま」ってどんな勝手な事をするんだろうと
    読むと・・・

    ウサギたちが話しかけても冷たい態度のくま。
    他の動物たちも何をしてるんだろうと思いつつ何を聞いても
    つっけんどんな態度のくま。
    くまがしていたことは・・・

    作者は人は見掛けによらないことを言いたかった
    らしいのですが、私としては子供にちょっと説明しにくい
    絵本でした。
    楽しいっていう感じの絵本ではないですが
    親子で話ししながら読んで見るのには良いと思います。

    掲載日:2010/01/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かってなくま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / からすのパンやさん / だるまさんが / ぐりとぐら / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

全ページためしよみ
年齢別絵本セット