雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

るるるるる」 大人が読んだ みんなの声

るるるるる 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1991年5月
ISBN:9784032045604
評価スコア 4.42
評価ランキング 8,682
みんなの声 総数 49
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • る:たくさん、り:少々、ぐ:一つ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    色鮮やかな飛行機が、空を飛行中。
    なるほど、そのエンジン音が「るるるるる」という訳ですね。
    映画のようなズームアップの画面が、雰囲気たっぷりです。
    ところが、雲に突入したり、不思議な光景に遭遇したり。
    「る」だけではすまなくなってくるのです。
    特に擬人化しているわけではないのに、なんだか表情まで感じられます。
    唯一登場する「ぐ」が味わい深いです。
    読む時、、テンポ、声の大きさ、間の取り方など、思案しそうですが、
    これはその場の感性に任せた方がいいかもしれません。
    聞き手と読み手のコラボ、といったところでしょうか。
    ラストへはスリリングな展開。
    いろいろな解釈ができそうです。
    でも、なんだか前向きで、嬉しくなりました。

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろい!

    「る」「れ」「ぐ」しか出てこないと思うのですが、文字の並べ方や向き、大きさ等が、鮮やかな絵と組み合わさって、本当にたくさんの表情を見せてくれます。
    読み聞かせをするときにも、読み方を工夫したり、受け取り方もたくさんある絵本だと思います。
    とてもおもしろい方法で、しっかりと飛行機で空を飛んだ気分が味わえます。
    音の響きのおもしろさ、ぜひ子ども達にも味わってもらいたいと思う絵本です。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「るるるるる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / だるまさんが / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ドームがたり』読み聞かせレポート

みんなの声(49人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット