くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …

もりのへなそうる」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

もりのへなそうる 作:わたなべ しげお
絵:やまわき ゆりこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1971年12月
ISBN:9784834002980
評価スコア 4.87
評価ランキング 39
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 息子に大受けでした

     就寝時に、この本を読んで聞かせたのですが、息子に大受けでした。 とにかく、兄弟と「へなそうる」の言葉のやりとりが面白かったようで、寝付くどころか、ゲラゲラ笑い転げていました。

     幼い兄弟が森にでかけ、そこで恐竜のような生き物(だけど、全然怖くない!)の「へなそうる」に出会い、「かくれんぼ」や「かにとり」をして遊ぶ話になっています。

     兄の真似をする、3歳の弟の言葉遣いと「へなそうる」の言葉遣いが面白く、息子も夢中になっていました。

     空想の生き物「へなそうる」が出てくる話ですが、兄弟やお母さんの日常的な生活も描かれ、現実と想像の世界が入り交じった不思議な感じが、とても印象的でした。

    掲載日:2011/01/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読みすすめるうちに…

    たまごから生まれてきたへんなどうぶつ。きょうりゅうみたいな感じです。
    男の子の兄弟とへなそうるのふれあいを描いたお話です。

    寝る前の読み聞かせに選んだのですが、
    3歳の弟は舌っ足らずだし、へなそうるもヘンテコなしゃべり方だし、童話なので文章も長いし、しゃべり分けるだけでも大変だったのですが、途中から、へなそうるのとこが たまらなく愛おしくなってきました。

    兄弟のしゃべり方をマネしてみたり、解釈がな〜んかズレてたり、とっても和ませてくれます。
    娘も、へなそうるが気になるらしく、へなそうるの挿絵が出てくるたびに、「もっかいみせて!」と、何度も後戻りさせられました。

    こんな生き物ほんとに居たらいいなぁ。
    “こどもだけ”の冒険ストーリーなところも、こども達にとっては、たまらないですね!

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「もりのへなそうる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

14ひきのおつきみ / 14ひきのぴくにっく / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子育ての大きな悩み「寝かしつけ」に役立つシリーズ!

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.87)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット