宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

いろいろおせわになりました」 大人が読んだ みんなの声

いろいろおせわになりました 作・絵:やぎゅう げんいちろう
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2008年02月
ISBN:9784834023138
評価スコア 4.38
評価ランキング 10,518
みんなの声 総数 36
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 面白いわらべうた

    こんな絵本があるのは知らなかったですが、
    なかなか味があって面白いと思いました。
    わらべうたのくりかえしの中で、絵に工夫があって
    子どもたちが色々発見して遊べますね。
    絵のタッチが複雑でなくて、カラフルなのも楽しいです。

    投稿日:2018/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • わらべうた

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    わらべうたの「おちゃをのみにきてください」を絵本に。…とのことですが、私はこのわらべうたは知りませんでした。
    楽譜が付いているので、歌うことはできますが、もともと知らないのが大きいようで、私はなかなかこの世界に入っていきづらかったです。
    絵に力がありますね。

    投稿日:2015/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ♪おちゃをのみにきてください♪

    わらべうたの絵本 楽譜みてわらべうたをうたいながらよんで
    絵をみると おもしろいんです

    はい こんにちは  かえるくんと 逆立ち あれ 何かとりかえっこしているのよ わかった?  子どもたちはすぐ 気がつくよ

    ♪おーちゃを のーみに  きてください♪
    こんどは おもしろいたこくん
    ここが笑えます  なんと たこのあしの8ほんの髪の毛に
    タンバリンもらってる  顔がおもしろくて わらえます!
    たこのくつ?

    おもしろいおじさん いろいろぶらさげてる おや くつもぶらさげてるよ

    またまた 鼻と口が  だれかにそっくり
    おや タンバリンと ポシェットとりかえたの?

    なんて おもしろい顔
      
    わらべ歌が こんなに 笑えて 楽しめるんですね

    ラストは 恐竜のたまご  きょうりゅうにのって 
    レッツ GO!!
    いろいろおせわになりました

    想像するだけで おもしろい(絵がヒントですね!)

    子どもとわらべうた歌いながら  楽しめそう

    投稿日:2013/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 裏表紙までドキドキ楽しめます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    「おちゃをのみにきてください」のわらべ歌をベースに、楽しい絵本になっています。
    カラフルな髪形の主人公の女の子が目を惹きます。

    歌詞は一切変えていないので、1小節1小節の歌詞を、やぎゅうさんらしいセンスで明るく表現してくれています。
    特に最後のお客様は面白いです。
    この大きな黄色い丸は……?ページをめくると誰がお客に来たのかすぐ分かると思いきや、不思議な足跡だけ。
    さらに裏表紙へ行くとお客の正体が分かる仕組みになっています。
    最後の最後まで、子どもたちの心をドキドキ楽しませてくれそうです。

    評価の星を4つにしたのは、3人目のお客さんは大人のような子どものようなキャラクターだったのですが、どっちつかずのキャラクターなら、動物など人間以外の生き物を可愛く描いてほしかったです。

    投稿日:2013/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • さあいっしょにうたいましょう。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    わらべうた『おちゃをのみにきてください』の唄にあわせて、楽しい出会いが描かれています。最初にやってきたのは、黄色い雨靴をはいたかえるくん。「はいさようなら」で、面白いポーズ。次にやってきたのが、ちょっと変わったはちまきをしたタコさんです。
    歌を歌いながら、絵を見て、思いきり楽しむことができます。やってきた時、帰る時の様子が違うことにも注目。そして、男の子の様子も、どんどん様変わりしていきます。細かいところまでよく見ると、新しい発見ができることでしょう。

    投稿日:2008/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見比べる

    わらべうた『おちゃをのみにきてください』を絵本で表現したお話です。

    実際にこのわらべうたを知らない私は、あまり内容が分かりませんでしたが・・・。

    どこが変わったのか? どういう所でお世話になったのか?を見比べる楽しさはありました。

    わらべうたを知っているとより一層楽しめる絵本ではないかと思います。

    投稿日:2008/04/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いろいろおせわになりました」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

全ページためしよみ
年齢別絵本セット