たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

おっぱい」 大人が読んだ みんなの声

おっぱい 作・絵:宮西 達也
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1990年
ISBN:9784790260189
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,348
みんなの声 総数 72
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みんな大好き☆

    この絵本のすばらしいところは
    ただ繰り返しが楽しい・・・!だけではない!!


    お兄ちゃんの素敵な内面、ママの心をぐっとつかんで離さないセリフがあります。

    「おとうとにかしてあげている」

    素敵なお兄ちゃんでしょ!!
    心があったかくなるのを感じます。

    我が家の子どもたちも3人ともおっぱい卒業したけれど
    授乳していた時のあの幸せな時間は宝物だったのだと
    あらためて感じました。

    掲載日:2010/12/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • おっぱいがいっぱい

     「おっぱい」なんて、いつから口にしていないのだろう。
     吸っていたとか飲んでいたとかではなく、「おっぱい」という言葉をである。
     成長すれば、「乳房」とか「バスト」とかに変わってしまう。
     「おっぱい」の語源を調べると、いくつかの説があるらしい。
     その一つが、「おおうまい」という言葉から来たというもの。お母さんのお乳はそんなにうまかっただろうか。ちっとも覚えていない。
     別の説に、「お腹いっぱい」が変化してとある。確かに母親のお乳をごくごくを飲んでいた子どもたちを見ていると、お腹いっぱいになれば、泣くこともおさまる。
     いずれにしても、「おっぱい」を口に、言葉にですよ。できる年齢はほんのわずかだ。
     それは、とっても幸福な時間だ。

     みやにしたつやさんのこの絵本は、ズバリ『おっぱい』というタイトルがついている。
     成長して「おっぱい」と書けるのは、絵本作家の特典のようなものだ。
     お母さんのおっぱいに吸っている赤ちゃんの幸せそうな絵が、表紙だ。
     うらやましい。
     母乳で育てられたはずだが、こういうことは全然覚えていない。
     幸福な時間は記憶に残らない。残念だが。

     おっぱいを吸うのは、人間だけではない。
     象もねずみもゴリラもぶたもそうだ。
     みやにしさんはまず動物たちの授乳の姿を描いて、そのあとにドーンとお母さんのおっぱいを大写しで描く。
     りっぱなおっぱいだ。
     次のページにはそのおっぱいをじっと見つめる男の子。
     ここは女の子ではなく、やはり男の子がいい。
     女の子だっておっぱいを吸ったはずだが、ここは男の子。このあたりは微妙なのだけれど。
     男の子は、こんなことを思う。
     「おおきく、やさしく、つよく、げんきなこにしてくれた ぼくのだいすきなおっぱい」。
     これは男の子だから、言える。
     大人になってこんなことは言えない。
     これも、絵本作家の特典だ。

     男の子にはまだ小さい弟がいて、今は弟がお母さんのおっぱいにしがみついている。
     それを男の子は「かしてあげ」ていると思っている。
     でも、きっとそのおっぱいは永遠に男の子のところには戻ってこないのだ。
     「おっぱい」と口にしなくなるように。

    掲載日:2015/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おっぱいの存在

    じーんと感動しました。

    おおきく やさしく つよく げんきなこに してくれた

    体の栄養だけでなく、心の成長にもなっているのだなと思います。

    最後は、弟の誕生で少し寂しいお兄ちゃん。
    でも、おっぱいのおかげで「やさしく つよいこ」になっているのですから、きっと大丈夫よ、お兄ちゃん!

    掲載日:2012/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさ

    動物たちがおっぱいを飲む様子が描かれた絵本です。

    おっぱいを通して、母親の優しさが子どもへと伝わってくるように感じました。
    なんだか温かくて優しい気持ちになれるオススメの一冊です☆

    掲載日:2011/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブタさん、のどが乾くだろうなぁ〜

     母の日を前に、久々開いてみました。
     
     みんなごくごく飲んで、大きくなるんですね。
     
     私は初乳は出ましたが、その後パタリと出なくなってミルクの力も借りました。
     初乳を与えている側で妙に感動していた夫を思いだします。
     「哺乳類って、凄いな!凄いな!」って声がうわずっていましたっけ。
     なんか、出が悪くってちょっとブルーだった私との温度差があり、今でも笑いがこみ上げてしまいます。

     私は、ブタさんのページを見ると、いつも「のどが乾くだろうなぁ〜」って思います。

     お兄ちゃんお姉ちゃんにはちょっと懐かしく、赤ちゃんには「うちにもあるよ〜、大好きだよ〜」っていう言葉が聞けそうな作品です。

    掲載日:2011/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宮西さん

    宮西さんの作品だったのでこの絵本を選びました。簡略化してあるにもかかわらずしっかりと特徴をとらえて描いてあるのはさすが宮西さんの作品だと思いました。特に動物のお母さんが以下に子供の為に母乳で育てているのかの素晴しさを感じられるのが良かったです。続編も読みたくなりました。

    掲載日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後にちょっと泣きかけました。

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    宮西達也さんの絵本はやっぱりイイですね^^
    この絵本は弟妹が母乳を飲んでいる頃の
    お兄ちゃん・お姉ちゃん向けの絵本だと思います。

    最後のお兄ちゃんのセリフが
    何ともいじらしくって
    その粋なところに、思わず涙してしまいそうになりました。

    とってもオススメな絵本です。

    掲載日:2009/10/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おっぱい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / だるまさんが / ちょっとだけ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット