庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

にゅーっ するするする」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

にゅーっ するするする 作・絵:長 新太
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1989年12月05日
ISBN:9784834010145
評価スコア 4.15
評価ランキング 17,078
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • タイトルの意味が知りたくて

    • コユタンさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳、女の子2歳、

    本屋さんで娘に向けた本を探していてタイトルを見て息子と何が「にゅーっ するするする」なのかが気になり購入。
    三人の子供と一緒に読みました。

    海から手が出てきてするするするとひきこまれます。
    言葉は出てきません。にゅーっ するするするだけです。

    こわーいと言いながらもまた読んで〜と持ってきます。

    一番最後にたった一つセリフが出てきますが…

    掲載日:2012/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • にゅーと伸びて

    毎回、長さんの絵本には驚かされます。
    こちらも笑ってしまいます。
    どんな本と言われても困る本です。
    題の通りに、にゅーっと伸びて、するすると持ち上げられる。
    お母さんとかお父さんとか。
    なんだか分からないけど
    こんな世界あってもいいなと思いました。
    素直に笑って読みたいです。

    掲載日:2011/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまにはこんな異色作も★

    使われている言葉も色遣いも独特で、いつも読んでいる絵本とは全く違うところが新鮮。
    6歳になる上の息子も小さい頃に強烈な印象を残していたようで、前に読んだ絵本だということを覚えていました。

    子どもにとってはとても怖い内容だと思うので、1回1回子どもの顔色を見ながら「どんな反応をするかな」と私の方が面白がって読んじゃいました。
    最後の「しい〜っ だれにもしゃべってはいけない」が怖さ倍増でいいですよね。

    2歳の息子の微妙な顔!
    ちょっぴり怯えながら、絵本の中の出来事についてあれこれ考えているのかと思うとオモシロイ。

    たまにはこんな異色作を読むのも、絵本の楽しみ方がぐっと広がるような気がします。

    掲載日:2010/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外と娘にうけました。

    娘にというより、私がシュールな絵に惹かれて購入しました・・・。

    海?から手がでてきて、するするすると吸い込まれていくところをUFOキャッチャーのように娘の頭を掴みながら読んだらそれがとても好評で、本を持ってくるとき、自分で頭を押さえてもってきます。
    最後の、しいーっ、のところも口に手をもってきて静かにのゼスチャーをします。パパはこの本怖いと言いますが、母娘は楽しんでます。

    型にとらわれない絵本をどんどん娘に読ませてあげたいなと思いました。

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「にゅーっ するするする」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / ぶーちゃんとおにいちゃん / おじさんのかさ / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット