庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

だいじょうぶかしら ねずみくん」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

だいじょうぶかしら ねずみくん 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年11月
ISBN:9784032272505
評価スコア 4.15
評価ランキング 17,085
みんなの声 総数 25
「だいじょうぶかしら ねずみくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ねずみの表情が!

    なんともいえないかわいさを感じさせてくれる
    ねずみくんの絵本でした!!
    はたから見れば、不幸なことばかりがおきてしまう
    ねずみくんなのですが、なぜか笑っちゃいます!
    ねずみくんの表情がそれぞれのページで違っていて、
    1ページも見逃せません。
    繰り返しの文章で構成されているので、娘も気に入った
    ようで、一緒に読んでくれます♪
    おもしろいですよ!!

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど!

    1歳4ヶ月の娘は五味太郎さんの絵が好きみたいなので
    この絵本を選んでみました。
    このねずみくん、ぶつけられたり、ひかれたりと災難続き。
    繰り返し「だいじょうぶかしら ねずみくん」というフレーズが
    出てくるのですが、災難に対してに「だいじょうぶ?」かと思ってました。
    でも、「なんだかへんです」の意味を良く分かっていなかったのですが
    2回目位で気付きました!
    ねずみくんの目が、ぶつかった物の目と同じになってるのですね。
    ホント、五味さんの絵は遊び心があって、良く見ないと見逃してしまいますね。
    娘は、まだ目の変化に気付いては無いと思いますが、
    「だいじょうぶかしら」の繰り返しが面白いみたいで、
    そのフレーズが来ると私の顔を見て、にんまりと笑います。

    掲載日:2008/06/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だいじょうぶかしら ねずみくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット