たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

いろいろへんないろのはじまり」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

いろいろへんないろのはじまり 作・絵:アーノルド・ローベル
訳:まきたまつこ
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1977年
ISBN:9784572002051
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,355
みんなの声 総数 58
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うわぁ きれい

    • たぽたぁぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    小学校2年生の朝の読書タイムで紹介しました。

    白と黒と灰色だけだった世界から
    魔法使いによって
    次々と色が作り出されていく様子に
    子どもたちは惹き込まれ
    ラストの色とりどりのページでは
    「うわぁ きれい!!」
    歓声が起こりました。

    ひとつの色だけではうまくいかない、
    いろいろな色があってこそ調和がとれる。
    奥深い素晴らしい作品だと思います。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 次は何色?

    アーノルド・ローベルのまだ読んでいない本ということで読んでみました。

    昔話風のお話ですが、単色の世界、想像したことはありませんが、いろいろと不都合はありそうですね。

    本来持っている色でないと違和感があったり、気分にも影響してきたりしそうだと思いました。

    息子も次は何色?この色だとこんな風になるのかな?というように頭で描きながら読んでいたようです。

    おもしろいお話だなあと思いました。

    掲載日:2010/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色の大切さ

    「いろ」のない世界って想像できますか。
    ぜーんぶが「はいいろ」の世界で生活をしていたら人はどうなるんでしょう。
    そんな中、ある魔法使いが次々に「いろ」を作っていくのですが・・・
    はいいろの次は「あお」だけの世界。
    森も、車も、鳥も、街全体、ぜーーんぶ「あお」に。
    みんな、かなしい気持ちになり、町から笑いが消えてしまいます。

    次に作ったいろが「きいろ」。
    街全体がきいろになると、人々はどうなってしまったでしょう。
    そしてその次が「あか」。
    街全体が あか になると、人々はどうなってしまうでしょう?

    そして最後は・・・

    と色に興味を持ち始めた子供にぴったりの絵本です。

    いまでは、「カラーセラピー」とか「風水」とか色を取り入れた生活が注目されていますよね。
    色って人間にとって大切なものであることを教えてくれる素敵な絵本です。

    掲載日:2009/11/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いろいろへんないろのはじまり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

とんことり / とけいのほん 1 / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


お気に入りのくだものはどれ?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット