もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

いろいろへんないろのはじまり」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

いろいろへんないろのはじまり 作・絵:アーノルド・ローベル
訳:まきたまつこ
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1977年
ISBN:9784572002051
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,694
みんなの声 総数 59
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 色のなりたち

    娘が学校でボランティアさんに読んでもらい
    とてもおもしろかったとのことで、手に取りました。

    色の三原色から始まりいろいろな色を作り出していく過程は
    ちょっとした冒険のような感じさえ覚えます。

    読み終えた後、娘と色の三原色について語り合いました。
    カラーチラシの端に、4色刷りの時にできる青・赤・黄・黒のラインを見つけて
    カラー印刷はこうして作るんだという話にも発展。

    読後も語り合える、とてもためになる一冊です。

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 単色の世界

    世界に色がなかったら、世界が青一色だったら…。
    単色の世界は大変そうです。
    哀しかったり、まぶしかったり、怒りっぽくなったり…。
    魔法使いがさまざまな色を作り出したとき、世界は平和になりました。
    一つのカラーで塗りつぶされることの、問題性を感じます。
    とはいえ、ローベルさんが描く絵は、同一色ではあっても濃淡をつけることで、絵そのものは、はっきりしていました。

    掲載日:2013/06/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いろいろへんないろのはじまり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ちょっとだけ / おでかけのまえに / おばけのバーバパパ / とんことり / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ピクニック
    ピクニック
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    こぶたちゃんしかけえほんシリーズ最新刊!今度のしかけはいったい?!


大きなクスノキには生き物たちがいっぱい!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット