しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

でんしゃがまいります」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

でんしゃがまいります 作・絵:秋山 とも子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2008年10月
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,885
みんなの声 総数 24
「でんしゃがまいります」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 地味だけど、とてもいい!

    2歳10か月の息子に図書館で借りました。

    新宿駅の一日がよくわかる本。
    絵がとても細かくていいです。いろいろ探すとおもしろいです。
    アナウンスも文字に起こしてあって、臨場感があります。
    ホームの見開きの絵(横向き)だけかと思ったら、
    急に車内清掃の絵は見開き(縦)になったり、
    駅の事務所の乗務員の寝泊まりする部屋などが載っていたり、
    清掃員のおばさんたちの部屋が描かれていたり。
    とっても興味深かったです。

    ただ、電車や人の服などがちょっと昔に感じました。
    1987〜88年の取材に基づいているのですね。
    地味な感じですが、地道な取材に基づいた、とても良い本だと思います。

    息子もとても気に入ったようでした。
    これは欲しいなあ。

    掲載日:2014/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとおもしろい。

    表紙をみて借りました。

    どちらかというと、大人の私が

    はまってしまいました。

    細かいセリフや細かい表情。

    是非お母さんも一緒に楽しんでみていただきたい。

    掲載日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 約20年前の新宿駅

    1980年代後半の、東京・新宿駅の5、6番線ホームの一日が描かれた作品です。

    とても細かく描かれているので、ホームを行きかう人々や、駅員さんの様子、終電後のホームの様子などを本当に覗いているような気分にさせられます。

    朝、迷子になっていた女の子が、夜になって帰りのホームで「こんどは どこか いかないでね」とお母さんに言っていたりするなど、ホームにいるたくさんの人々を見ていくのも楽しいです。

    電車好きの息子は、電車を見つけては「でんしゃ きた〜」と言って喜んでいます。

    掲載日:2009/05/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「でんしゃがまいります」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / こんとあき / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界じゅうで翻訳され、読み継がれているロングセラー

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット