あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

でんしゃがまいります」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

でんしゃがまいります 作・絵:秋山 とも子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2008年10月
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,656
みんなの声 総数 24
「でんしゃがまいります」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 駅のアナウンスも

    息子のお気に入りの一冊です。
    駅を利用する沢山の人達の会話や表情をひとつひとつ見ているのが楽しいです。
    息子はホームに流れるアナウンスがお気に入り。
    この絵本を読み出してから、電車のおもちゃで遊ぶ時にも、絵本を真似てアナウンスごっこもしています。

    掲載日:2013/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • アナウンスが最高!!

    昔の新宿駅の一日を描いた絵本。

    ホームでたばこを吸っている人がいたり、終電が早かったり、駅員さんは全員男性で、女性は掃除のおばさんという、20年〜30年前を思い出させる内容です。

    電車などは今は走っていないデザインが多いのですが、それでも息子は大興奮!
    この絵本はとても細かく書いてあり、駅の様子がよくわかります。
    そして、駅員さんのアナウンスも丁寧に書かれてあるので、息子は真似をして大喜びしています。

    こうったアナウンスは男の子は好きですね。
    ペーパーブックでなくて、ハードカバーで出してほしいです。

    息子だけでなく、電車好きの息子の友達にも購入しました。
    駅員さんのアナウンスに大興奮でした!

    図書館には置いてあると思うので、探してみてください。
    きっと乗り物好きな男の子ならハマりますよ!

    掲載日:2011/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新宿駅に行きたくなりました

    鉄ヲタの夫と、やはり乗り物好きな娘と一緒に
    読みました。新宿駅の5,6番線ホームの一日を描いた絵本。

    私は東京で暮らしていた時に中央線沿線に住み
    新宿駅はよく利用していたのでとても懐かしかったです。
    もう今すぐにでも新宿駅に行きたくなってしまったくらい(笑)。

    とてもこまかーく描かれているのですが、セリフもたくさん
    書かれていたのでうれしかったです。娘はいつでも「この
    人はなんて言ってる?このにゃんこはなんて言ってる?」と
    質問責めにしてくるので、こうやっていちいち書いてあると
    質問責めにされる心配がありません(笑)。

    新宿という街自体がたぶんそういう街なのだと思うの
    ですけれど、駅も、とっても生活感があって、いろんな人の
    匂いがしてよかったです。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 口々におしゃべりしている様子

    ある駅の風景を始発から終電まで描いています。
    電車好きの男の子にはたまらないでしょう。
    文章になっておらず、セリフのようにあちこちに
    書いてあるのでどこからどう読んだらいいのか
    迷ってしまう節もありますが、
    確かに駅では順番順番に言葉を発するわけでなく
    人々が口々にいろいろおしゃべりしているので
    これでいいかもしれませんね。

    掲載日:2010/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 駅の1日

    • ごらむさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    新宿駅の一日を描いた絵本ですが、楽しいところがたくさんあります。

    まず、たくさんの人々の会話が書かれているところ。
    隅から隅まで読んで楽しめます。

    そして、駅のアナウンスが書かれているところ。
    駅員さんになった気分を味わえます。

    それから、本をたて向きにして読むページがあるところ。
    とても新鮮な感じがします。

    最後はもちろん内容がおもしろいところ。
    線路に靴を落としてしまって、駅員さんに拾ってもらう場面があったりして、駅での仕事を色々知ることができます。
    かなり前に書かれた絵本なので、線路に落ちているタバコを拾って掃除をしている場面もあり、昔はタバコのポイ捨てが多かったな〜と、ちょっと懐かしさをも感じました。

    この絵本はこどものともの中でも息子の大のお気に入りで、何度も何度も読んでいます。
    読む時には必ず、駅のアナウンスのところも読んで!と言われるので、駅員さん口調で読んで親子で楽しんでいます。

    とても読みごたえ、見ごたえのある絵本なので、何度読んでも楽しめます。

    掲載日:2010/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車好き男児にドンピシャ!

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳

    絶版だったようなのですが、偶然小さな絵本やさんで売られていて
    即「これだ・・!!」と購入しました。
    同じ福音館書店の「やこうれっしゃ」を思わせる懐かしいタッチの
    イラスト(絵を描いている人は違います)。

    これは電車好きな幼稚園くらいの男の子にはピッタリな本だと
    思います。
    新宿駅の一日の流れがよく分かります。

    車内清掃のようすや、駅のホームの落し物を拾うようす。
    迷子や酔っ払い。地方からの乗客やサラリーマン。
    いろんな多種多様な人々が忙しくいきかうさまは、まさに新宿駅。
    ふだんは覗けない駅の裏方の様子が見られるのも面白い。
    駅員さんの休憩室や、掃除のおばさんたち。
    細かく見ていくと同じ人がでてきてお話が繋がっていたりという楽しみもあります。
    さまざまな時間帯で、ちがった表情を見せる駅。

    そして一番楽しいところは
    ホームでのアナウンス。
    「○番ホーム〜」
    と、駅員さん口調でなりきって読みます。
    親子でどっぷり新宿駅。

    おすすめです。

    掲載日:2009/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 会話が面白い♪

    電車の絵本かと思って借りてきたのですが、読んでみたら「駅」の絵本でした!
    時代は少し昔の1980年代。
    私が子供の頃が舞台なので、とても懐かしく感じました^^

    この絵本の面白いところは、何といっても登場する人達の会話!
    なんでこんな会話を思いつくんだろう?と感心するぐらい、突拍子もない会話が飛び交ってて面白いです(笑)
    あちこちでいろんなストーリーがあって、ちょこちょこ見つけては親子でケラケラ
    「あ!こんなことしてる〜!」「あ!さっきの女の子や〜♪」と大盛り上がりでした^^

    何度読んでも飽きません!

    掲載日:2008/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「でんしゃがまいります」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / こんとあき / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット