だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ごきげんななめのてんとうむし」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ごきげんななめのてんとうむし 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1998年12月
ISBN:9784034252901
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,917
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵が素敵です。

    ごきげんななめのてんとうむしがつぎつぎに喧嘩を売っては、すごすごと退散しちゃうお話。
    一番最初に素直に一緒に食べればよかったのにね。
    すねていても良いことないことを教えてくれる本です。

    イラストはエリック・カールさんらしいダイナミックな絵。
    とても素敵でした。

    掲載日:2013/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返しだけど単調じゃない。

    パラパラ眺めたところ、単純なお話で「5,6歳からなの?」と思いました。

    読んでみると、繰り返しが続くお話ですが、単調と感じませんでした。
    絵が大きくなったり、てんとうむしの態度がちょっとずつ違ったり。

    0歳の娘も、はっきりした色に興味があるようで、
    アーアー言いながら絵本をさわっていましたが、
    このちょっとした変化を理解できるのは、5,6歳かも知れませんね。

    てんとうむしが、葉っぱに戻った時に見せるあせった表情、面白いです。
    息子も、ちょっと小馬鹿にした感じで、へへへ、と笑っていました。

    「感じ悪いなぁ」と思っていたけれど、あせった表情を見たらかわいく思えました。
    最初のページだけで嫌わず、最後まで読んで欲しいな、と思いました。

    掲載日:2012/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 強がりなてんとうむし

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    タイトルは、ごきげんななめのてんとうむしですが、タイトルは意地っ張りなてんとうむしとか、強がりなてんとうむしっていうほうが似合っている感じがします。言葉だけは強がりで、実はとっても勝つ自信のないてんとうむしが、どんどん大きな生き物に対戦をいどむ姿は、あまりにこっけいで楽しくなります。
    はらぺこあおむしのように、ページがだんだんに大きくなるしかけ。子どもが率先してページを開こうとします。
    てんとうむしの表情がとってもかわいい。性格がまた素直じゃないところも、大人にとってはかわいいって思える存在でした。

    掲載日:2008/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ご機嫌ななめのテントウムシが、1時間ごとにケンカを吹っかけるお話です。

    時間の経過とともに、黄色い太陽も昇って沈んでいく様子が描かれている所に惹かれました。

    自分よりも体の大きな虫や動物に声を掛けるテントウムシですが、強気のようで実は弱気な所がかわいらしいなと思いました。

    読み終わった後に、なぜ一日中ご機嫌ななめだったんだろう?と疑問が残りました。
    もしかして、お腹が空いていてご機嫌ななめだったのかな?(笑)

    掲載日:2008/02/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ごきげんななめのてんとうむし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット