だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

はらぺこあおむし」 0歳のお子さんに読んだ みんなの声

はらぺこあおむし 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年05月
ISBN:9784033280103
評価スコア 4.8
評価ランキング 264
みんなの声 総数 767
  • この絵本のレビューを書く

0歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

62件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 一緒に歌える楽しさ

    出産祝いにいただき
    2ヶ月ごろから歌いながら読んでいました。
    ベッドに寝かせて本を開けない時など、
    歌うと静かに聞いていました。

    最後のシーンでいつも本を広げてひらひらと
    蝶を飛ばせていたら、本を開いていなくても、
    そのシーンがくると上を向きます。
    歌だけの時も、息子には絵本の世界が焼き付いて
    いるのだと思います。
    エリックカールさんの絵ってなんて素敵なんでしょうね。


    1歳6カ月、言葉にならない部分もありますが
    一緒に歌ってくれます。
    自分で歌って聞かせてくれる日が楽しみです。

    掲載日:2011/10/26

    参考になりました
    感謝
    3
  • 本が大好きな子に育ちました

    • R☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道

    今日、とっても久しぶりに開いたこの絵本の1ページ目に
    小さな破れ目を見つけました。
    さっそく修理用のテープで貼り合わせました。

    絵本のページにテープを貼るのは、いつ以来でしょう。
    子どもたちが小さい頃は、しょっちゅう色んな絵本のページを
    貼り合わせていました。今はもう子どもたちも大きくなり、
    本のページが破れるようなことは殆ど無くなりましたが。

    「はらぺこあおむし」が初めて我が家にやってきたのは
    上の子がまだ生後2カ月だった頃。
    初めて自分の子どものために買った絵本です。
    これが“ファーストブック”と言うのでしょうね。
    (その頃は、私はそういう言葉は知らなかったのですけれど。)

    生後2カ月といえば、まだコロンとベッドに寝ているだけの時期でしたが
    私は「自分の子どもに絵本を買ってあげた!」ということが
    なんだかとても嬉しくて
    何度も何度も私の赤ちゃんの顔の前に絵本を持って行っては
    せっせと読んであげていました。
    私の赤ちゃんは、泣きもせず、笑いもせず、
    ただただ不思議そうな顔をして、ひたすらじーっと絵本を眺めていましたっけ。

    いつしかこの1冊は、私の赤ちゃんのお気に入りの絵本となりました。
    ハイハイできるようになると、棚からこの絵本を引っ張り出して片手に掴み、
    絵本をバッタンバッタン言わせながら必死にハイハイして私のところに来ては(絵本を持ったままハイハイするのって、とっても大変そうだけど、その姿はとっても可愛かったです)
    『読んでー!』とせがむようになりました。(まだまだ言葉では話せませんでしたが。)
    そのたびに、何度も読んであげました。

    そのうち言葉らしきものが話せるようになると、
    はらぺこあおむしが泣いている場面では、自分も一緒に「えーん、えーん」と言って泣き真似をしてみせるようになりました。
    くだものに開いた穴はもちろん大好きで、もう少し大きくなってからも
    このページにくると、必ず全部の穴に指を入れていましたね。
    おかげで「きんようび」と「どようび」のページなんて、
    どの穴もヨレヨレです。

    本当に、あきれるくらい何度も何度も親子で楽しんだので
    あっちのページ、こっちのページ、いたるところセロテープだらけです。
    そのうち下の子が生まれ、
    下の子もやっぱりこの絵本が大好きで
    セロテープはますます増えました。

    今はもう2人ともずいぶん大きくなり、この絵本を開くことはなくなりました。
    それでも私はごくたまに、こうして
    一人で「はらぺこあおむし」を開いては
    あの懐かしい日々を思い出しています。

    ページはあちこちしわしわで、貼られたセロテープは黄色に変色してしまっているけれど
    開くたびに「この絵本は我が家でたっぷり愛されたんだな〜」としみじみ感じます。

    うちの子どもたちはその後、色んな絵本に出会い
    やがて、絵本だけではない「本の世界」に羽ばたいていきました。
    それはまるで「はらぺこあおむし」のストーリーそのまま。

    我が子達が人生最初に出会った絵本が
    「はらぺこあおむし」で、
    とても幸せだと、今、この絵本を開きながら思います。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • 1番お気に入りの本です

    息子が0歳のときから気に入っている本です。

    うちではまだ読み聞かせると言うよりも、穴あきのページが大好きで穴に指を入れたり、次々ページをめくってカラフルな絵を見たりして遊んでいます。

    一応読んではいるものの、子供は穴に夢中なので(笑)ストーリーはあまり聞いてないのかなと思っていましたが『おつきさま』や『あおむし』『ちょうちょ』はこの絵本で覚えました。

    私自身も小さい頃読んだ絵本の中で一番印象に残っています。
    長く楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 色彩がキレイ!

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子1歳

    出産祝いにいただいた絵本で、生後2ヶ月ごろから楽しんでいます。
    とても色彩がキレイで、大人も見とれてしまうくらい。
    こんなステキな絵本を、生まれすぐに見られる息子は幸せだなぁって思いました。
    息子(今は1才10ヶ月)が、どれほどこの絵本を楽しめているのか? と言うと・・・
    ・最初は、じっと見つめる。
    ・穴に指を突っ込んで、それをとっかかりにしてページをめくる。(そして破れる。今は丁寧にめくれるようになりました)
    ・「チョコレートケーキと・・・」のページを見ながら、「●●君はどれが一番好き?」とお話しする。(ソーセージが好きだそうです)
    ・最後のページのちょうちょを見て「きれー、ちょーちょ」と言う。
    もっと大きくなったら、「あおむしさん、こんなに食べたのすごいね」とか、「ちょうちょさんって、こんな風に大きくなるんだね」って、学べるようになると思います。
    こんなに長い期間、飽きずに楽しめる絵本ってそうそう多くないんじゃないかな〜。
    セロテープで補強した跡だらけだけど、これからも大事にしていきたいです。

    掲載日:2008/01/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 世界的に有名なはらぺこあおむし。
    赤ちゃんの頃はカラフルな絵柄で興味を惹きますし、自然にひとつ、ふたつと増えていく果物で初めての数数えにも使えると思います。
    そして絶妙な大きさであいている穴も興味をそそる作り。
    内容を理解できる年齢にはいっぱい食べると大きくなれるメッセージが込められていると思います。最後はきれいな蝶になるのも良いつくりだと思いますし、本のリズムとしても最高です。人気があるのも納得の一冊です。

    掲載日:2016/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • いもむし

    • すっくるさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳

    私がエリックさんが大好きで、
    子供ができたら読んであげたい一冊でした。
    小さいころから読んでいるから、
    3歳の娘は自分でも読めます。といっても、文字は読めないので、
    暗記しているだけですが。。。
    こんなすらっと覚えてしまうところも
    この本の魅力。

    うちの娘は、なぜかあおむしではなくいもむしという。。。

    今は、いつちょうちょさんになるの?
    ひーちゃんはまだ、さなぎ?あおむし?
    など自分を当てはめてます。

    「成長する」ことで変化することを学んでくれた一冊。

    おやつを食べ過ぎておなか痛くなるあおむしくんは
    ママにも強い見方。
    葉っぱを食べて元気になるあおむしくんは
    ママにも強い見方。

    これからも親子の愛する一冊として
    たくさん読みたいです。

    掲載日:2015/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生後半年から

    読み聞かせがいいと、漠然と教えてもらって、試しにと購入した絵本でした。
    生後半年ほどでしたが、おとなしく最後まで聞いていましたし、じーっと見てました。
    性格が大人しいからなのか名作だからなのかは分かりませんが、このとしで絵本をちゃんと聞けるって凄い!と当時はママ友から褒められました。ちょっと、赤ちゃんにとっては長い絵本ですが、少し経つと穴に指を突っ込んで遊んだりしていました。
    3歳頃になると、歌いながら一緒に読んだりもしました。
    長期間楽しめます。

    掲載日:2015/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何百回読んだのか…。

    この絵本の最大の魅力は何といっても色彩の素晴らしさだと思います。とてのきれいで鮮やかで子ども達も絵の世界に引き込まれていきますね。

    また、CDでの読み聞かせもとっても良いですよね。これまた何回も聞いたので歌詞も完璧に覚えています。

    絵だけでもとても楽しめると思うので、0才からでも良いですね。

    掲載日:2014/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘の反応

    赤ちゃんの本といえばコレ!と思い購入しましたが
    娘の反応はイマイチ。ほかの本には反応してましたが・・・
    めげずに時折読み聞かせしていました。
    2歳になっていろいろなところでこのあおむしを見かけるのか、
    同じ本もってるね〜と自分でたまに読むようになりました。

    掲載日:2014/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色づかいがすてき

    おもちゃを先行して買ったんですが、娘がおもちゃをとても気に入ったので、絵本も購入しました。
    絵本もとても良いです。
    色づかいがとてもすばらしく、娘もどの絵本よりも反応が良いです。
    買って良かったです。
    おすすめです。

    掲載日:2014/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はらぺこあおむし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / うずらちゃんのかくれんぼ / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / ぐりとぐら / くだもの / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット