ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

はらぺこあおむし」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

はらぺこあおむし 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年05月
ISBN:9784033280103
評価スコア 4.8
評価ランキング 264
みんなの声 総数 767
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

63件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 最近特に興味が出てきた様子

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    1歳児くらいの頃から読んでいたのですが、当時の反応はいまひとつでした。
    それが3歳になろうとしている今、俄然興味がわいてきた様子です。
    周囲でよく見かけるようになったことが要因の一つかもしれません。
    つたない感じで『あ△☆むし×●さんだねえ』(はらぺこあおむしさん)と言いながら絵本を楽しんでいる様子。
    月齢を追うことで興味が出てくることもあるのだなあと、改めてその魅力を思い知らされました。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 娘と絵本を作ってみました

    最初に読んだのは娘が6ヶ月の頃だったでしょうか。題字の書いてある1ページ目、鮮やかな色の洪水にびっくりしてのけぞったのを覚えています。ぼんやりしていた視界からいろんなものが見えるようになって、初めて見た色もあったのではないでしょうか。

    赤ちゃん用ボードブックを時にかじり、時に舐め、穴に指を入れたり、
    イチゴを食べるまねをしたり、「カップケーキが食べてみたい」と言ったり、(食いしんぼなのでいっぱい食べられる)「オレンジのとこが好き」だと言ってみたり、0歳から2歳の成長に沿うようにいろいろな楽しみ方をしてきました。

    そして先日。お絵かきをしていたときそばにこの本があり、ハハと娘で真似して描いて「わたしたちのはらぺこあおむし」を作ってみました。
    ハハ:「はい、はるちゃん、みかん描いて〜」
    娘:「ハイ〜ぐるぐる〜」
    虫くい穴は丸いシールをぺタリ。本物にはとても及びませんが、とってもかわいい本ができました。(飽きて金曜日までだけど)
    もうすこし大きくなったら紙芝居でも作ってみようかな?

    掲載日:2009/07/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供の成長がわかる1冊。

    • びびこさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    私自身「思い出の絵本」なので、子供が生まれたら絶対にこの絵本を一緒に読もう!と心に決めていました。
    そして、我が子達の「初めての絵本」です。

    あおむしが卵から孵って、蝶になるまで食べたもののおはなし。カラフルで大胆な絵と、穴の開いている不思議な仕掛けが楽しめる1冊。

    1歳前は、「本」という存在そのものに興味があった。ページをめくったり、表紙をかじったり。
    1歳を過ぎると、興味のあるものを見て話しかけたり、指差したり。絵やきれいな色に心ひかれたようだった。
    1歳半になると、書いてあるものの真似をしたり、食べ物を口に入れる真似をしたりするように。
    そして2歳に近づくと、お腹の痛いあおむしをなでてあげたり、食べ物を私やお父さんに食べさせる真似をするようになった。
    2歳半の今、「これなあに?」と聞くと答えてくれる。時々ふざけてわざと違う言葉を言ったりする。


    これだけでも、「ああ、成長したな〜」と思います。
    この先文字が読めるようになったり、曜日や数や物の名前なんかが正確にわかるようになったり・・・・。
    この本と一緒に、子供たちがもっともっと成長していく姿が楽しみです。

    掲載日:2008/03/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 成長ストーリー

    プレ幼稚園で、保育時間中に読み聞かせていただいた絵本。
    タイトルや絵はよく目にしますが、内容は知らなかったので、子供よりも私が真剣に見入ってしまいました。
    子供は、途中から飽きていましたが、知っている食べ物、穴が開いている部分を不思議そうに見ていました。
    独特の色遣いで描かれている世界。
    子供は、あまり興味をひかれませんでした。
    残念。

    あおむしさんは大きくなると蝶になるんだよ〜ってわかったかな?

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌とセットで、大好きになりました♪

    私がまだ10代の頃、友人が 「子供の頃から好きだった」 と見せてくれ、ずいぶん前から知ってはいました(#^.^#)

    自分に子供が産まれ、最初は1〜2歳の頃に、普通に読んでみましたが、当時の反応はイマイチでした。

    とっても人気がある本なのに、この子にはイマイチか〜 と思っていたのですが、ある時、支援センターで大きな絵本 & 歌付きで読んでもらうと、途端に興味を示し始めました!

    最初は歌が覚えられなかったので、CD付きの絵本を借り、親子で何度も聞いて覚えた所、2歳半位で 「自分で歌いながら読む」 様になりました♪


    お友達が、ママ自作の 「あおむしぬいぐるみ」 を持っているのを見て、とってもうらやましがったので、がんばって手作りしたら、大喜び♪

    今では、ぬいぐるみを動かし、楽しそうに歌を歌いながら、絵本をめくっています。


    読んでみたけど、反応がイマイチ… と思っていましたが、「歌いながら読む」 は、予想以上に好反応でしたし、メロディーがあるだけで、結構長い文章でも、本一冊分覚えられるものなんだなぁ、と感心しました(#^.^#)。

    絵本もですが、一緒に 「はらぺこあおむしの歌」 もオススメですよ!

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色合いが綺麗

    1歳の時はボードブックで読み聞かせしました。厚紙なので指をいれても破れなかったので。2歳になり、絵本に興味を持ち始めた時にこちらの大型絵本で読み聞かせしました。本来であれば青虫って気持ちが悪いと思ってしまうのですが、ビビットで鮮やかな色使いとコミカルはイラストであっという間に引きこまれます。

    食いしん坊の青虫に、息子も食べている量を想像できてびっくりします。穴が空いた仕掛けのページと美味しそうな食べ物。
    指で触りながら、お腹も空いてしまいます。

    青虫が蛹というテントで寝て、出てくるととっても綺麗な蝶になるのが不思議なようです。お着替えしたのかな?ダイエットしたのかな?

    色々な想像をして遊びました。お布団では青虫ごっこもしました。
    楽しかったです。

    掲載日:2016/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 納得のロングセラー

    親の私が虫が苦手なので、何となく積極的に手に取らずにいた絵本でしたが、子供達は図書館で見かける度に「はらぺこあおむし読んで!」と持ってきます。
    リズム感の良い文章なので、2歳の娘も「りんごをひとつたべました」と見よう見まねで読んでいたり。
    海外の絵本だけあって、出てくる食べ物がプルーン(すもも)だったり、サラミだったり、ピクルスだったりと、あまり見慣れない物も登場しますが、子供達にはそんなの関係ないんですね。
    私自身も何度も読むうちに、今までは子供の落書きのようだと思っていた(失礼!)絵が、実はとても美しい色の重なりで描かれていることに気づきました。
    エリック・カール氏が色の魔術師と言われているのも納得。
    子供達は4歳・2歳なので今更な気もしますが、やはり手元に一冊置いておきたいと思うようになりました。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きです

    0歳の時に初めて買った本です。
    私自身も昔読んだ記憶があり、なつかしかったです。

    色彩が鮮やかで小さい赤ちゃんでも興味をもつようでした。1歳、2歳になると自分で持ってきて読んで欲しがるようになりました。

    あおむしがたくさんのおいしそうな食べ物を食べていく様子が楽しいです。最後は美しい蝶になり本をパタパタして飛んでいく真似をしたり、子供の頭にリボンのようにしてあげると喜びます。

    歌があるのを知ってから歌って聞かせていると、更にこの本が好きになり子供も歌います。
    はじめは小さかったあおむしが綺麗で大きな蝶になるという話は子供達の未来を暗示したているかのようで、夢があって私も感動してしまいました。単純なお話なのにこんなに心に響くのはやっぱり絵が素晴らしいからでしょうね♪

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな絵本

    この絵本は、私が小さい頃に大好きだった絵本で、息子が2歳の時から「まだ、ちょっと早いかな・・・」と思いながら、読んであげたえほんです。

    最初は、ちょうちょのページが、とても気に入っていたようで、じーっと見つめていたのですが、少しずつ一緒に(ハッキリではありませんが)声を出して読むようになりました。言葉が遅いような気がしていたので、その時は、すっごくうれしかったです。
    3歳位で、自分で読むようになりました。1つ、2つ・・・と物の数をかぞえるのもこの本で覚えました。

    掲載日:2014/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • きれいなイラストが魅力的

    • ゆ→こさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳

    義実家のうちに置いてあったものを読み聞かせました。鮮やかできれいなイラストが大人目線で素敵だな〜と感じました。2歳のわが子はというと、やはり色鮮やかに描かれたおいしそうな食べ物に興味深々で「あんっ、あんっ」とあおむしと一緒になって食べていました。3歳のいまでは調子に乗って最初に出てくるあおむしの卵も食べてしまうありさま。でもそれくらいこの絵本が楽しいのだと思います。時々自分で持ってきては「あんっ、あんっ」と食べて遊んでいます。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はらぺこあおむし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / うずらちゃんのかくれんぼ / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / ぐりとぐら / くだもの / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

全ページためしよみ
年齢別絵本セット