だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

くもさんおへんじどうしたの」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

くもさんおへんじどうしたの 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\2,400+税
発行日:1986年1月
ISBN:9784033282701
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,003
みんなの声 総数 41
「くもさんおへんじどうしたの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 1歳

    1歳の息子と読みました。お話としてはちょっと早いくらいだと思いますが、動物が沢山出てくるのと、どの動物も鳴き声がセリフに入っているので動物を覚えるには楽しいかなと思ったのが選んだ理由です。エリックさんの絵がまた素敵です。シンプルながらとても凝った絵なのが不思議です。くもさんがせっせせっせと一生懸命くもの巣を作っているのも面白かったです。

    掲載日:2012/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 触って楽しい

    0歳から読み聞かせている本です。エリックさんの作品の中でも私が好きな本です。娘ははらぺこあおむしが一番のようですが、この本もたまに読んでと持ってきてくれます。くもさんがもくもくと巣を張っていくのですが、その巣がデコボコとした素材で触っても分かるようになっているのがこの本のポイントだと思います。ちょっとした仕掛け絵本ですね。最後は夜になって綺麗な巣が完成します。農場の動物たちも沢山出て来て楽しい本です。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 触れる喜び

    動物たちのお洒落な貼り絵と触れる喜びが出来る仕掛け絵本です。くもさんが、くもの巣が完成するまで、1ページ毎に楽しめます。くもさんは、とても真面目でただ夢中で自分の巣をつくっているので、声をかけてもらってもお返事すれことができなかったんですね!
    くもの巣って壊してしまうのが、もったいないくらい丁寧に仕上がっているから感心します。ハエも仕掛けになっているので、暗い場面でも楽しみに探せます。読みながら楽しめます。

    掲載日:2009/02/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くもさんおへんじどうしたの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / くだもの / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット