たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

くもさんおへんじどうしたの」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

くもさんおへんじどうしたの 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\2,400+税
発行日:1986年1月
ISBN:9784033282701
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,004
みんなの声 総数 41
「くもさんおへんじどうしたの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 触って楽しむ絵本♪

    4歳の息子が「幼稚園の先生が読んでくれて、面白かった!」と借りてきました。

    いろんな動物から話しかけられているのに、巣作りに夢中で目もくれない“くもさん”のお話です。
    くもの巣の線が紙からポコッと出っ張っているので、触った感触でくもの巣の形態を知ることができます。
    華麗な巣が少しずつ出来ていく過程を、手指の感触で楽しむことが出来るんです。

    2歳頃〜園児さんにオススメします。
    目の悪いお子さんにも!という添え書きがありましたよ。

    掲載日:2011/10/31

    参考になりました
    感謝
    2
  • 感触を楽しめます!

    くもの巣に興味を示し始めた4歳の息子に読み聞かせ。

    エリックカールさんの絵本は「はらぺこあおむし」しか知らなかったので、こちらの絵本を見つけた時はおぉっとなりました^^

    くもさんに、色々なお友達が一緒に遊ぼう!とお誘いをします。

    ところが、くもさんは黙々と巣を作っていきます。

    返事をしません。

    驚いたのが、くもの巣の部分だけ、ぷくっと膨れていて、手で感触を楽しめる所。

    ページをめくるたびに巣がどんどん出来上がっていくので、触るのが楽しみでした^^

    絵もエリック・カールさんならではの魅力あるコントラストで最後まで飽きずに楽しむ事が出来ました。

    くもが好きなお子様にぜひ読んであげて下さい^^

    掲載日:2012/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 蜘蛛が浮いてます

    いろんな動物に声をかけられても、返事もせずにもくもくとくもの巣をはる蜘蛛、、、。最後はきれいな巣ができあがり、寝てしまいます。

    シンプルですが、蜘蛛や巣や蟻が浮いたデザインなので、触って楽しめます。子供も「なんか出てる!」と触って喜んでいました。シンプルなので1歳くらいからいけると思いますが、なかなか楽しめる趣向でした。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 触感で楽しむ

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    くもの糸の部分が盛り上がっている仕掛け絵本です。
    動物たちが呼びかけても、巣作りに夢中なくもは返事をしません。
    そして、ページをめくるたびに巣が完成していきます。

    4歳の息子は、盛り上がりの触感を「ざらざらだーー」と喜んでました。
    巣の出来上がる過程もとてもリアルで、私も感心しました。小学生の上の子は「蜘蛛ってこうやって巣を作るの?本当のこと?」と聞いてきました。
    詳しくはわかりませんが、蜘蛛の巣作りが忠実に描かれてるのではないかと思います。

    エリック・カールさんの本は「はらぺこあおむし」「パパお月様とって」に続き、3冊目になりますが
    いつもその仕掛けに子供が夢中です。仕掛け絵本の名人に、またしてもやられました(笑)

    掲載日:2009/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • さわってみること

    「さわってみる」仕掛け絵本です。
    クモが巣を作っていく様子を、指先で感じることができます。
    クモの糸はキラキラひかっていて美しく、まさに触りたくなる感じです。
    娘に「さわってごらん」と言い、クモの糸に触れさせると
    「わぁ、すごい!!」といい、話を聞きながらずっとページに触れていました。
    しばらくすると「おかあちゃん、さわってごらん」と言われ、ハエにさわると
    ハエの羽も浮き出していました。
    娘はクモの糸だけでなく、ページ中を撫で回していたようです。
    「わぁ、すごいねー」と私が言うと、
    すごく得意そうに「私が見つけたよー」とニコニコ。
    絵本を通して、まさに「親子で触れ合える」一冊です。

    掲載日:2009/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • クモの糸が楽しいです

    • オユマーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳、男の子2歳

    「はらぺこあおむし」の絵本を書いた作者の絵本で、色彩感がはらぺこあおむしを彷彿させます。「読んだり絵を見たりするだけでなく、手でさわって楽しむこともできます」と書いてあった通り、クモとクモの糸が盛り上がっているので、出来上がっていくクモの巣をさわって楽しみながら,絵本を読み進めていくことができます。「くもはへんじをしません。すをつくるのがいそがしかったのです」というフレーズの繰り返しもリズム感があります。
    絵本の中のクモやクモの巣はユーモラスで親しみがわくので、散歩中にクモの巣を見つけて触ろうとする子供たち。ちょっと待って!絵本じゃないから、さわるとベタベタするよ〜、とちょうどいい自然観察のきっかけにもなりました。

    掲載日:2008/09/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くもさんおへんじどうしたの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / くだもの / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット