だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

しりたがりのこひつじ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

しりたがりのこひつじ 作:アーノルド・サンドガード
絵:エリック・カール
訳:くどう なおこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1992年05月
ISBN:9784033274904
評価スコア 4.35
評価ランキング 10,181
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんで?どうして?星人に・・・

     子羊とちょうちょ、そしてお母さん羊が登場します。

     絵は、はらぺこあおむしで有名な「エリック=カール」さん。
     たんぽぽ・ひまわりなどとても色鮮やかできれいです。

     我が家の娘は、なぜなに?星人で、答える方も一苦労でしたが、この絵本の子羊と、娘が重なって、なんだか微笑ましく思えてきました。

     どんなことにも興味津々なんですよね〜きっと。
     それが、この絵本では「ちょうちょ」だったわけです。

     手のひらにのるサイズのミニ愛憎版で楽しみましたが、今度は、ふつうサイズの絵本を読んでみたいと思います。

     最後は、お母さん羊の元に落ち着く子羊・・・帰る場所があるってこんなに幸せなことなんですね。

    掲載日:2008/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しりたがりのこひつじ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット