雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

ともだちくるかな」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ともだちくるかな 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1999年02月
ISBN:9784032049206
評価スコア 4.79
評価ランキング 367
みんなの声 総数 112
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    読み手である大人の私は良かったのですが、3歳児には心とかはまだちょっとピンとこずに難しかったようです。
    おもいちがいをしているな…というミミズクのじいさんの最初のセリフがあったので、オオカミはひどいことにはならないかな、と私は安心して読んでいました。
    きつねさんはやっぱりともだちですね!

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうきたか!

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    ともだちシリーズが大好きで既刊作品は「よろしくともだち」以外はすべて読みました。この作品はけっこう前半の作品なのですが、図書館でもいつも貸し出し中で、最近ようやく読めました。わりと単純な友達同士のよくある話がストーリーになっている中で、「こころ」がテーマになっている珍しい作品だと思いました。だから、ある意味、この作品が後の方に読んだのが良かった気がします。
    結局は日にちを間違えていたうっかり者のオオカミなんですが、「心」があるから嬉しいことも悲しいことも分かるんだねっていうオチです。「こころ」という言葉を知ってしまった娘が、「こころって何?」と頻繁に聞いてくるのに、悪戦苦闘しながら日々を過ごしています。

    掲載日:2012/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハッピーエンドでよかった☆

    すっかりお気に入りになったおれたちともだちシリーズのうちの一冊。
    ともだちのきつねが自分の誕生日なんだから来るはず、
    と思っておおかみは待っているのですが…。
    「くるこない、くるこない、くるこない、
    くるくる、くるくる、くる!!」
    とイライラして花びらをちぎってちぎってちぎりまくっちゃうシーンで
    大うけです^^
    (いや、本当はおおかみにしたら笑い事じゃあないんですけどね)
    こころを捨てたはずなのにさびしいこころだけ残ってたなんて
    いじらしいじゃないですか。
    こころ、ちゃんとのこっててよかったね、おおかみさん。
    途中、どうなることかと思いましたが
    ハッピーエンドでよかった☆
    ただの勘違いだったなんて…
    最後のふくろうも相変わらずいい味出してます。

    掲載日:2010/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ともだちくるかな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


音楽家の両親をもつ「ぼく」の心のものがたり

みんなの声(112人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット