しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ともだちくるかな」 大人が読んだ みんなの声

ともだちくるかな 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1999年02月
ISBN:9784032049206
評価スコア 4.79
評価ランキング 367
みんなの声 総数 111
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 「心」って・・・

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    「ともだちや」シリーズ2作目
    じっくり読ませていただきました

    今度は、オオカミさんが主役
    「おもいちがい」というか
    「おもいこみ」って、大変なのよね(^^ゞ

    一生懸命というか
    一途だからこそ
    オオカミさんがとてもいじらしくなってきます
    ここまでは、行動に移せなくっても
    誰にでも
    こういう心の動きは経験したことがあるはず
    それで、共感していくから

    キツネさんが来た時は
    なんて言ったらいいのか
    その派手さには、度肝を抜かれます!
    なんとも絵本の世界を満喫出来ます
    プレゼントされた消防車の玩具を
    抱いて、嬉しそうに眠る姿に
    こちらも安心して
    「よかったねぇ」と話しかけたくなります

    魚を吊り上げた写真?絵?の変化に気付きました?
    こういうところが、上手い!

    『心』を言葉や絵で説明出来るって
    すごいです

    掲載日:2011/06/04

    参考になりました
    感謝
    2
  • 友達って素敵

    「ともだちや」シリーズの中の1冊です。今回が2作目。

    前作でお友達になった「キツネ」と「オオカミ」が出てきます。

    自分の誕生日にお友達がやってくるのを待っていたオオカミですが、
    なかなか来ません。
    どうやら、オオカミは1日早く間違えていたようで・・・。

    「キツネ」と「オオカミ」のやり取りがいいんです。

    友達っていいな〜!!と思う、そんな素敵な絵本です。
    息子も、大好きなシリーズです。

    掲載日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • オオカミの幸せな寝顔

    待って待って、待ちくたびれて、あまりに期待が大きいから
    がっかりする気持ちは、ものすごく大きいです。
    体の力が抜けるほど、落胆でいっぱい。
    涙がぽつんと、膝に落ちる絵は、あ〜と心が痛くなります。
    こんな気持ちにならないためには、、、だれでもこんな風にかんがえるのですね。
    オオカミの勘違いなど知らないキツネが、意気揚々とやってきて。
    ラストの消防車と一緒に眠るオオカミの幸せな寝顔がいいです。
    ミミズク爺さんは、何もかもお見通しですね。

    掲載日:2016/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • オオカミくんの気持ち、わかるよ。

    いつも最初と最後に
    ミミズクじいさんのセリフがありますが、
    今回は、いつもより、
    ミミズクじいさんの一言が印象に残り、
    読み進めていくうちに
    オオカミくんの行動と気持ちに、
    「どうなるの?」と
    ドキドキ感を持って読みました。

    いつもキツネ君より、強気発言で
    弱さを見せないのに。
    だからといって、
    イタチやウサギに八つ当たりするのは良くないよ!

    寂しいという心に気がつき、
    そこからの展開と、
    キツネくんとの友情、喜びに気がついて
    良かった。こちらまでホッとしました。

    でもカレンダーをよく見ましょう。
    日付の見間違い。。
    私も気をつけますね。

    オオカミくんとキツネくんの
    友情物語、
    シリーズ全部 読むつもりです!

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後のページで、狼が眠る部屋の壁に貼ってある、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    破いたはずの狼と狐の写真がいいですね。狼って、本当は誰よりも寂しがり屋なんじゃないだろうかと思える。自暴自棄になってしまってもどうか心までは捨ててしまわないでね!友達がいると毎日がうんと楽しくなるからさ!

    掲載日:2014/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な

    以前NHKで放送されているのをたまたま1話だけ見てから、気になっていた絵本です。
    こんなに沢山のシリーズがあるとは知りませんでした。

    3歳の息子はこの絵本を読んでどんな風に感じたんでしょうか。
    息子にとっては少し絵が怖かったかもしれないし、お話も難しかったのかもしれません。

    今はよく分からなくても、いつかこの絵本を読んで何か心に思うことが出来たときには、是非聞いてみたい。

    とっても素敵なお話で、私は読むたびにジーンとします。
    「こころなんていらないぞー」と叫ぶおおかみくん
    傷つくことは嫌だけど、傷つかないように生きていくことは、
    同時に楽しいこと嬉しいこと、幸せも感じないように生きていくことなんだときつねくんは教えてくれました。

    私は一人っ子のわが息子が可愛くて仕方ありません。なので、傷つかずに、悲しまずに、大きく成長して欲しいと願っていましたが、辛いことがあったときに傍にいてくれる友達をつくり、傷ついたお友達がいたら自分も一緒に悲しめる子になって欲しいと願うようになりました。

    大人もまだまだ絵本で学ぶこと、成長することがあるんですね!

    掲載日:2014/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありがたいな〜 友達って! 

    おもいちがいを しているな〜 あいつは ミミズクじいさんの ことば?(はじめの言葉に 伏線あり)

    歌いながら 楽しそうにお掃除してる 友達が来るから ウキウキ
    ところが 待っても来ないのです  落ち込んで涙をながすオオカミ
    淋しい気持ちに わかるな〜 オオカミの気持ち・・・
    目に涙が・・・(なんだか かわいそうになります)
    オオカミは悩み 当たり散らして 暴れ回るのですが(みんなは大迷惑!です)
    はたと気づいて  こころが あるから こんなにかなしく さびしいのだと気づくのです
    おおかみのさけび!! 「こころ なんか、 いらないぞーっ」すごい顔で・・・
    この叫びはオオカミは悩んだ末の行動なのです

    こころ なくしたらどうなるのかしら?
    ところが ともだちのキツネのおかげで オオカミはこころを 取り戻して 幸せな気持ちになれたのです! なみだ なみだ ふたりが抱き合っている姿   もらい泣きしますね・・・

    よかった よかった!
    お誕生日プレゼントの 消防自動車をだいて 眠っているオオカミの幸せそうな顔 (ホットしますね〜)
    ちょっと おっちょこちょいで 気のやさしい オオカミ 友達のキツネのおかげですね
    友達のありがたさを しみじみ感じました(羨ましいような)
    良い仲間で〜す

    オチのミミズクじいさんの 見守りもありがたいですね

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • まちぼうけ

    来ないともだちを待ち続けるうちに
    なんと大切な「こころ」を捨ててしまうオオカミ。

    まちぼうけってつらいですよね。
    でも最近、まちぼうけってないなあ、とふと気づきました。
    たぶん携帯電話のせいかな?

    友達同士の待ち合わせはもちろん、実況中継のように
    今ともだちがどこでなにをしてるかもわかってしまう現代。

    でも昔より、捨ててしまいたいくらいの「さびしいこころ」
    をもっている人は多いんじゃないかな?
    つながってるようでつながってない。
    ともだちのようでともだちじゃない。

    キツネとオオカミのように、出会えた時に抱き合って
    泣いて喜べるような「ともだち」が子供たちにも
    見つかりますように・・・。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • うっかりやのオオカミ

    オオカミの誕生日。

    約束なんかしなくても友達のキツネは絶対来ると思うオオカミですが、
    「くる・こない?くる?こない!?」と花びら占いをしていた寂しがりやで強がりなオオカミの「心」が切なかったです。

    「心」を捨ててしまったオオカミでしたが、心って捨てきれないものなのですね。

    友達っていいなぁ。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもとても奥が深いです!

    「悲しい思いをするくらいなら、心なんていらない!」

    オオカミさんのような経験を、大人になるまでに、
    誰もが経験しているように思います。

    でも心を捨ててしまうと「楽しい♪嬉しい♪」という気持ちも
    感じることができなくなってしまいます。

    悲しい思いは私だってしたくありませんが、
    楽しいこと、嬉しいことも人生にはいっぱいあります!

    そのことをこの作品は、とてもわかりやすく
    伝えてくれています。

    1才の娘がいつか壁にぶつかったときに、
    この絵本をさしだしてあげたいと思います。

    掲載日:2012/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ともだちくるかな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(111人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット