庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ルラルさんのえほん(1) ルラルさんのにわ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ルラルさんのえほん(1) ルラルさんのにわ 作:いとう ひろし
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784591069424
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,417
みんなの声 総数 119
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 大切ってどんなこと

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    ルラルさん,パチンコで動物をおいはらっていたなんて・・・.その他のルラルさんシリーズを読んで,楽しいおじさんだとばかり思っていたのでなんだかショックでした.
    息子も「あーあ.トカゲのしっぽ切れちゃってるよ.かわいそうに」とパチンコの玉に当たったのか,倒れてるトカゲを見てつぶやいていました.

    そんなルラルさん,自分が大切に手入れをしている庭にやってきたワニから,芝生の心地よさを教えてもらいます.大切にしているあまり,ゴロゴロ寝転んで芝を傷めてしまうようなことはきっとやらなかったルラルさんなのかな.
    私もかわいくて使うのがもったいなくてずっと使わずにとっておいたノートとか,ずっと欲しくてやっと買ったアクセサリなのに大切にするあまり結局使わずに終わったものとかちょこちょこあります.
    それに対してうちの息子.どうしても欲しがるので買ってあげた電車のシールを,家に帰るといろんなところに貼りまくり,あっという間になくなります.そして満足そうな顔をしています.
    大切にするあまり,そのものの良さや楽しさを充分に味わえないよりは,息子みたいに自分にとって素敵なものだからこそ,思う存分楽しんで使うほうがいいのかなと思いました.

    ルラルさんの庭,これからはちょっと芝生が痛んだとしても,動物たちみんなと一緒に気持ちよく寝転べる大切な憩いの場になってよかったですね.

    掲載日:2015/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなでいっしょに

    私も子ども時代に読んだこちらの作品。
    あのころは新刊で、いまはもう25周年なのですね。
    私も好きだった作品を、娘と一緒に読めるなんて、うれしい限りです。

    ご自慢のお気に入りのおにわ・・・
    侵入者を撃退するるらるさんでしたが・・・?!
    長女はすでに幼稚園で読んでいて、しかも暗記していて、
    ところどころ「あーちゃんが読んであげる!」と読んでくれました。

    素敵な場所も、素敵なものも、
    独り占めするより、みんなで一緒に・・・だと、何倍も楽しくなっちゃうね!

    掲載日:2015/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一番最初のルラルさん!

    今回レビューコンテストをきっかけに、
    初めてルラルさんシリーズを娘たちと読みました。
    まず最初に、私一人で…と思い、
    『ルラルさんのおたんじょうび』や『ルラルさんのごちそう』を読んでから
    『ルラルさんのにわ』を読んでみたら…ビックリ!!!
    動物たちに、あんなに優しいルラルさんが一番最初はこんなだったなんて…!!!
    一番最初のルラルさんは笑ってないし、目も表情が見えないまま。
    大事な庭への侵入者は、パチンコで追い払う?!
    …結構衝撃でした(笑)。

    しかししかし、わにに噛みつかれからどうしよう…と想像しているシーンがおかしくて(笑)。
    そこらへんの動物たちを追っ払っちゃうルラルさんも、さすがにわには怖いんですね(^^)。
    そこで様子を見ることにしたことが…みんなとの素晴らしい出会いに繋がっているとは!\(^▽^)/
    穏やかな表情になっていくルラルさんに安心しました。
    やはりみんなと笑っているルラルさんが素敵です。

    その後、5歳と10歳の娘たちと一緒に読みました。
    娘たち、まずまるたがわにだったことに「フフッ♪」。
    次に想像で噛みつかれているルラルさんに「フフフっ♪♪」(^^)。
    そしてみんなで芝生に寝そべっているのを見て
    「気持ちいいよね〜♪私も寝た〜い!!(^^)」

    わにがルラルさんを「おっちゃん」と呼んでいることにも笑っていました。
    ルラルさんたちのやりとりを見ていると、自然にニコニコしちゃいます♪
    娘たちは「ルラルさん裸足♪その方が気持ちいいからか!」と言っていました。
    そしてカエルのひっくり返っている姿に笑っていました。
    いろいろ細かく見ていると、笑っちゃうんですよね〜♪♪

    ルラルさんの庭が、見た目だけではなく、
    本当の意味、深い意味で「自慢できる大切な庭」になって良かったです。
    だ〜れもいない整った庭より、
    みんなで幸せな気持ちになれる、ごちゃごちゃの庭の方が何倍も素敵です(^^)♪

    ルラルさんシリーズを読み進めていく上で、
    この一冊を読んでいるか読んでいないかで
    他の本の印象も変わってくるなーと思いました。
    断然読んだ方が他のお話にも深みが出てくるので、
    順番通り、一番最初に読むのがおススメ!

    でも後から読んでも、それはそれでやっぱりイイです(笑)。
    いつ読んでも、良いものはやっぱり良いんですね!(^^)

    掲載日:2015/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ルラルさんは自宅の庭にたくさんの邪魔がはいるのが許せない。
    武器で追い払うのですが、一度、ワニに誘われて、芝生で休んでみました。すると、心変わりして、他の動物にも使わせる方向に変わってきます。

    特にお金を請求することなく、平和にみんなでくつろげるようになるなんて、すごくいいです。

    争うのではなく、気遣うことも大事だと思います。

    なかなか、ためになる絵本でした。あとでゆっくり、内容について娘と検討し、親からのアドバイスをさせてほしいです。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなで、ゴロゴロ

    「ルラルさん」のシリーズ、好きで読んでいたのですが、なぜか、この一冊だけ読んでいなかったのです。
    芝生のチクチクが、気持ちいいと言うワニ。
    チクチクが「くすぐったい」と言う人もいるでしょうし、それぞれの感覚なのだと思いました。
    芝生の隙間なく、みんなゴロゴロしている様子は、子供も驚いていましたよ。

    掲載日:2015/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物沢山

    ルラルさんシリーズの最初です。穏やかなルラルさんとおもったら、丸太を蹴飛ばしてびっくりしましたが、それでも、いつものルラルさんの様子に戻ります。どうぶつたちも出てくるし、庭の様子を感じながらよみました。子どもに媚びた感じがなくて、淡々とゆるりと過ごす日常がいいな。

    掲載日:2015/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 芝生でゴロゴロ

    大好きなルラルさんシリーズ第1段です。

    ちょっと変わったおじさんのルラルさんと、どこからともなく現れる動物たちとのほのぼのストーリーです。
    芝生でゴロゴロ転がりたくなります。
    ルラルさんはいつも楽しそうで本当に癒されます。

    掲載日:2015/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワニさんがやってきて・・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    3〜5歳児に読みました
    ルラルさんは自分の庭を大事にしているのですが
    パチンコで動物たちを撃退する様子は、子どもにも「やりすぎ」と映るようです

    なのでワニさんがやってきて風向きがちょっと変わってくると、なんとなく良い方向に向かうところが、私的にも気に入ってます

    子どもたちも静かにルラルさんの動向を見守ってました

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 哀愁漂うルラルさん

    ルラルさんの哀愁漂う容姿と暮らしぶりが面白い。
    くっきりとした輪郭線とやわらかい色調も好み。
    そして、単調でさらっとした文章が読んでいて心地良い。

    この本、息子も好きだけど、親の私のほうがもっと好きかも。
    なんだか、安らぐんです。

    人は寄ってこないけど、動物は寄ってくる。
    きっとルラルさんは不器用で、でも心のきれいな人なんだろうな〜、
    なんて考えてしまいました。



    掲載日:2012/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちよさそう!

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子5歳、男の子2歳

    まず、ルラルさんが、庭に入ってくる動物たちをパチンコで追い払うところで
    長男は「あかんねんで〜」「かわいそう!」とぶーぶー。
    まぁまぁ、そう言わず最後まで聞きなさいな。
    ワニが庭に入ってきたことで、ルラルさんの
    対応が一変。
    ルラルさん、自分の庭の新たな価値に気づいたんですね。
    動物たちにも優しくなってくれて何よりです。

    来たのがもしワニじゃなく、もっと小さめの動物だったら、
    こうはうまくいかなかったかもしれませんね^^;
    そういう想像をするのも楽しい絵本です。

    掲載日:2011/08/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ルラルさんのえほん(1) ルラルさんのにわ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / ピヨピヨ スーパーマーケット / ねないこ だれだ / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット