雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

ルラルさんのえほん(1) ルラルさんのにわ」 大人が読んだ みんなの声

ルラルさんのえほん(1) ルラルさんのにわ 作:いとう ひろし
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784591069424
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,417
みんなの声 総数 119
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 意外なおもしろさを感じました。

    今まで絵本はたくさん読んできたつもりでしたが、
    この「ルラルさん」シリーズは全く知りませんでした。
    ルラルさんって何者なんだろう。。
    絵本の主人公と言えば
    可愛い子供や動物たちのものを好んで選んでましたから。
    外見から 中高年、おじいさんでしょうか?
    もしかしたら私と同世代かもしれませんね。
    手入れの行き届いた大切なお庭、芝生に
    侵入するものを追い払って。。
    そこに現れたワニ!そして最後は。。
    ストーリーの展開がおもしろく、
    笑いたくなりました。とても楽しい絵本ですね。

    掲載日:2016/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモラス

    イラストがユーモラスで可愛く手にとりました。
    ルラルさんは自慢の庭に動物が入るとパチンコで追い払っていたけど、動物に言われてあることをしてみると…というストーリー。一見怖いおじさんのルラルさんだけど、動物たちのやりとりを見ていると心が和み、なんだか憎めないキャラクターです。ラストは絶対子どもが真似したくなること間違いないと思います。

    掲載日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発想を変えてみることの素晴らしさ

    発想を変えてみること、視点を変えてみることの楽しさ、素晴らしさを心地良く思い出させてくれました。

    日々の生活、仕事などでも発想や視点を変えて考えてみると、きっと生活も仕事をより良くなる、楽しくなると思いますが、どうしても日々繰り返すと思考が固くなりマイルールに縛られていくようになりがちでした。

    そんな時、この絵本を初めて読んだところ、改めて発想や視点を変える楽しさを思い出させてくれました。

    物語は、ナンセンスに楽しく展開していきます。

    自分の庭が大切なルラルさんは、庭に入ってきた人をパチンコで撃退する。
    ある日、庭に丸太があった。実は丸太でなくワニだった。
    ワニは怒ると恐いので、パチンコで撃退せず、ワニの言うことをそのまま聞く(イエスマンになる)。

    何で〜てツッコミたい気持ちや、サラリーマン的な悲哀をルラルさんに感じてしまうところなど、クスクス笑ってしまう場面の連続でした。

    そして、最後は。。。

    自分で決めてたこと、良いことと思い込んでたことを変えてみるのはなかなか難しいですが、この絵本は変化による効果、楽しさを面白く伝えてくれます。

    私も明日から、少しでも発想や視点を変えて考えてみたいなという気持ちにさせてくれた絵本でした。

    掲載日:2015/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ルラルさん怖い(笑)

    ルラルさんシリーズ第一弾です。
    この本でのルラルさんは、はっきりいって怖いです(笑)毎日大切に手入れしている庭を守るためとはいえ、だれかが庭に入ろうとすると、パチンコで追い払うなんて…(笑)この本では怖いおじさんだなと思いましたが、あるひ庭にわにが入ってきて…ルラルさんはどうしたのでしょうか。個人的には、芝生に寝転び眼鏡を外したルラルさんの優しい顔が、なんだか嬉しかったです(笑)
    子どもたちも気に入ると思います。

    掲載日:2015/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • メガネの奥の瞳

    ♪春風ルラ〜ラルラ〜ラ ちょうちょがヒラ〜ラヒラ〜ラ♪
    子どもの頃、音楽の時間に習った歌がつい口をつく。

    「ルラルさん」―春風みたいに陽気なイメージの名前。
    ところが、開いたページのルラルさんは
    メガネの奥の瞳が見えず…不穏。
    大切な庭を荒らされないよう
    キラリ★目を光らせていたんですね。

    いますいます、こんなおじさん!
    ありますあります、こんなお庭!
    もう雑草1本だってこの庭に入っちゃダメッて
    ピンセットで抜いてるような…
    整然とした庭、見るだけの庭、
    どうしても入らなきゃって時には、爪先立って歩かなきゃって庭。

    このお話の功労者は
    なんといってもわにくん。
    堂々とこのお庭に入って寝そべっちゃって
    ルラルさんに手招きしちゃって!

    おかげでルラルさん
    芝生に寝ころぶ心地よさと
    それをみんなで味わう楽しさGet。
    どれだけうっとりかって
    パジャマのルラルさんは
    メガネの奥の瞳が笑ってるもんね。

    ルラルさんの大切な庭は
    みんなの大切な庭になりました。

    掲載日:2015/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり丸太?

    大学生に読み聞かせました。庭に入り込む動物たちをパチンコで打っちゃうルラルさんに「えーっ、過激」の声。今時の若者は心優しい平和主義のようです。芝生のチクチクにも「気持ちいいかなぁ?」と首をかしげる者多数。でもなんだかんだ言いながら、次第にルラルさんに引き込まれ、みんなが庭に寝転ぶ場面に「ちょっと、やってみたい」と心変わりする人も現れて、めでたしめでたし…と思ったら、裏表紙の絵に?が浮かんで衝撃のエンディングとなりました。丸太だと思ったらワニ、だったけど、やっぱり丸太!なの?ちょっと固くなりかけた若者の頭に、ルラルさんはお薦めの妙薬です。

    掲載日:2015/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 芝生のふとん

    庭に入ってきた者を容赦なくパチンコで追い払うルラルさん…。

    でもお話の最後には、たくさんの動物たちと芝生の上で気持ち良さそうにお昼寝しているんです!
    それもとびっきり幸せそうな顔で!!(笑)

    自然の力は、すごい。
    私も今すぐにでも、芝生の上にごろんとしたくなりました!

    ルラルさんの大切な庭は、みんなの大切な庭になりましたね!
    毎日のお手入れももっと楽しくなったのでは?だってルラルさん、前よりいい表情していますよ〜。

    明日もルラルさんの大切な庭に、たくさん笑顔が咲くといいですね!

    掲載日:2015/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分のものを みんなのものに♪

    ルラルさんシリーズ1作目 ルラルさんの庭☆
    「ルラルさん」ってなんだか可愛い響き出きですね♪
    チャーミングなおじちゃんです。

    庭って、おうちの外なのにおうち以上にみんな思い入れがあるところですよね。
    自分の思いを実現できる場所というか、こんな風にしたいなぁと思い描いて
    せっせと庭造りって楽しいですよね。

    ルラルさんも大事な庭を手入れして
    それを汚されないように得意のパチンコで皆を追い払って。。
    でも、ワニさんに勧められるがまま芝生にゴロンすると
    あまりの気持ちよさにうっとり。
    そして、心も洗われ
    みんなにもゴロンさせてあげる

    そのみんなの笑顔の幸せそうなこと。
    自然のグリーンのカーペットにゴロンすると
    自分も自然の一部になれたみたいで
    心も体も癒されますね。
    この絵本を読んでから、よくおでかけする公園の芝生に、娘と一緒にゴロンしたい衝動にかられます♪

    庭はだれにとっても 憩いの場で癒される所。
    私の実家の庭もいろんな木や花があって
    椿やいろんな花の蜜を鳥がすいに来たり
    花にちょうちょが飛んできたり、
    たまに近所の猫が通り道にとおっていったり。
    夏はつくばいの水で鳥が水浴びしたり。

    ほっとできる場所。
    だからこそ、皆で共有できると幸せですね☆

    掲載日:2015/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おちゃめなおじさん

    ルラルさん、最初は頭のかたいおじさんかと思いましたが、ワニがこわくて素直にワニの言うことを聞いちゃうあたりから、「おちゃめだなぁ〜」と思いはじめました。
    そして、読みすすめていくうちに、なかなかいいおっちゃんかもと。

    そりゃ、誰だって大切にしている庭にどかどかとあがりこまれたら、怒っちゃいますもんね(笑)

    でも、みんなとお庭の心地よさを分かち合って、仲良くゴロゴロして。。。

    ルラルさんのことをもっと知りたくなりました。

    続きが楽しみです。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごろごろ、幸せそう!

    春の陽射しのような、とっても素敵なお話です。

    ちょっと気難しそうな、ルラルさん。
    芝生に入ってくる動物たちをパチンコで追い払う描写にはびっくりしましたが、
    それほど大事な、宝物のような庭なのでしょうね。

    当然のようにそこに居座っているワニがこわくて
    言う通りにしている姿が、なんだか素直でかわいらしかったです。

    庭で寝ころぶ心地よさを知ったルラルさん。

    ひとりより、大勢の方が
    その心地よさは何倍にも膨らむのですね。

    最後の見開きページでは、みんなが幸せそうで
    読んでいるこちらも、芝生に寝転がった時のような 暖かい気持ちになりました。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ルラルさんのえほん(1) ルラルさんのにわ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / ピヨピヨ スーパーマーケット / ねないこ だれだ / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット