貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

新装版 みずまき」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

新装版 みずまき 作・絵:木葉井 悦子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2003年
ISBN:9784061322745
評価スコア 4.24
評価ランキング 16,303
みんなの声 総数 20
「新装版 みずまき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 豪快!

    寒くなってきた季節にこんな絵本を読んでしまってちょっと
    失敗なのですが(笑)。豪快な絵本で読んでいて楽しかったです。
    水も、女の子も、虫達も生きてるんだー!!って感じがして。
    夏のパワーも感じました。
    「あめだぞあめだぞ」のページをめくると「と おもったら」と
    状況がちょっと変わるのがまたおもしろかったです。
    娘もこの展開に気がついたようで、「あ、またきっと『と おもったら』
    だよ」と言いながら聴いていました。
    最後のページ、「にわじゅう すっかり すずしくなりました」
    と読んだら「でも ちょっと寒いんじゃない?」と娘。
    やっぱり真夏に読んであげたかったな(笑)。
    こんな豪快なみずまき、来年の夏にできたらいいな。

    掲載日:2014/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダイナミックさと共に清涼感

    図書館の棚にありました。夏らしい躍動感があるなあと思います。

    女の子の水まきがなんともダイナミックでひかれました。

    子どもの水まきって、初めこそ外に向かってやっていますが、だんだんと自分にも向けていくのも同じだと思いました。

    息子と「あるある」と思いながら読みました。

    暑い夏にぴったりの本ではないでしょうか。ダイナミックさと共に清涼感もありました。

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「新装版 みずまき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あの漢字検定が絵本を出版!?

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット