だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

くまのコールテンくん」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

くまのコールテンくん 作・絵:ドン・フリーマン
訳:松岡 享子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1975年5月
ISBN:9784032021905
評価スコア 4.79
評価ランキング 363
みんなの声 総数 177
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 無条件に愛されることの喜び

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    よく紹介されている、古典的な絵本ですが
    息子に読み聞かせたのは4歳の頃でした。

    ぬいぐるみの話だから、女の子向けかな?と躊躇していたのですが、
    むしろお気に入りの絵本に!
    考えてみれば、夜のデパートでボタンを探すコールテンくんは
    好奇心旺盛な男の子そのものですものね。
    「ぼく、ずっと前から・・・してみたかったんだ」
    のセリフが気に入って、真似してみたりしていました。

    私が印象に残ったのはリサの優しさでした。
    ボタンが取れたままのコールテンくんを、
    お小遣いをはたいて手に入れ、ボタンをつけるとき
    「あたし、あなたのこと このままでも すきだけど、
    でも、ひもが ずりおちてくるのは、きもちわるいでしょ。」だなんて・・・ホントにいい子だなぁ。
    自分のことのように嬉しくなってしまいました。

    たった一人でも、無条件に自分を愛してくれる人がいれば
    幸せな人生ですよね。
    息子にとって、私達両親が、そんな存在になれますようにと願います。

    暖色の表紙が象徴的な、心が暖まるお話。
    幼稚園位のお子さんにおすすめです。

    掲載日:2011/10/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • ちょっぴり切なく、あたたかい

    コールテンくんは誰にも振り向いてもらえなくて寂しそうです。やっと来たチャンスも逃してしまい…。読んでいてちょっと切なくなってしまいましたが、最後には女の子に買ってもらい、ホッとしました。子供も、「優しい女の子にかわいがってもらえそうで良かった!」と胸をなでおろします。小さな子供なら、ぬいぐるみにも心があって生きている、って本当に思ってしまいます。多くの子供が持っているくまのぬいぐるみ、ますます大事に思えてくるかもしれません。子供の心も温かくなるお話です。

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • よかったね,コールテンくん

    • ユキノユリさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子6歳、女の子4歳、男の子3歳、女の子1歳

    どんな境遇でも「君が好きだよ」と言ってくれる友達って,
    なかなかいないよなぁと思ってたんだけど,
    (特に大人になっちゃうと),
    そんな冷めた気持ちをあたたかくしてくれる絵本でした。

    コールテンくんが最後にぎゅっと抱きしめられるシーンを見て,
    私もこどもたちもとてもほっとしました。

    よかったね,コールテンくん。

    掲載日:2010/06/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • やさしい気持ちになります。

    • JOYさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳、女の子6歳、男の子3歳

     お店に並んでいるくまの人形が、こんな心を持っていたら…。夜中にお店の中を歩き回っているとしたら…。

     冒頭の部分で一気にこのお話の世界に引き込まれます。マットレスのボタンを自分のズボンのボタンと間違えるところなんかは、かわいくて思わず、「くすっ。」と笑ってしまいます。娘にはいまいちわからなかったようですが…。

     でも、最後に、リサが再び現れるところでは、ホッと心が和みます。もともとぬいぐるみが大好きな娘ですが、この本を読んで、よりいっそう愛着を感じてかわいがるようになったような気がします。

    掲載日:2010/05/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心が温かくなります

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    私は英語版で読んだことがありますが、ぜひ娘にもと思って図書館で借りてきました。
    誰か連れて行ってくれないかなぁと思いながらおもちゃ売り場にいるくまのコールテンくん。ある日女の子が立ち止まってくれましたが、お母さんが「ボタンがとれていて新品じゃないみたい」と言って買ってくれませんでした。その晩コールテンくんはボタンを探しに行きます。結局ボタンは見つかりませんが、次の日に女の子がお小遣いを持って連れに来てくれました。
    「そのままのあなたが好きだけど、ひもがずり落ちては気持ち悪いでしょ」と言ってボタンをつけてくれる女の子と、その女の子に抱かれて何とも幸せそうな表情のコールテンくん。心がぽかぽかと温まる絵本です。
    うちにはたくさんのぬいぐるみがありますが、こんな風に運命のぬいぐるみに出会うのを待ってあげたら良かったなぁなんて思ってしまいました。

    掲載日:2009/10/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 男の子こそ

    デパートのおもちゃ売場で連れ帰ってくれる人をまつコールテンくん。
    ボタンが取れていることで中古扱いされたことから、
    ボタン探しの大冒険がはじまります。

    エスカレーターに乗って、家具売場を御殿と思ったコールテンくんは
    ほんと可愛らしい。警備員に見つかって連れ戻されるも、
    翌朝1番にリサに連れ帰ってもらえることに。

    ワクワクが一杯の一冊です。

    掲載日:2014/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子向きかと思ったけど

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    長男が4歳の時に購入しました。

    くまのぬいぐるみを女の子が買って行くという題材から、男の子にはうけないのではないかと想像していましたが、息子は気に入っています。暗い夜のデパートでの不安感、女の子に見つけてもらう喜び、新しい生活の始まり・・・結構ドキドキするお話です。

    時々引っ張りだしては読み直しています。男の子にもお勧めです。

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもの気持ち、すてきだなあ。

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     もうずいぶん前のことです。
    やさしい赤いろの表紙に、くまさんの緑いろコーデュロイパンツのボタン、
    ひとつとれたのがとても印象的で、手に取りました。
    この本は、こどもと、もうひとりの分身がお話しできる、とてもすてきな絵本だと感じています。
     片方だけとれたボタンが気になって、大好きなデパートのおもちゃ売り場はもっと気になって、真っ暗な夜のデパートの冒険に、家具売り場でのハラハラドキドキ。こども自身が主人公になって、ひとごとではないと思えることがいっぱい詰まっているようです。ほら、衣服のボタンの掛け違い、よく注意されますからね。
     ストーリーを聞きながら、ひとりでブツブツこの絵本に向かって言ってました。
    「あ、あぶない」「だめだよ」「うぁ」「ほらね」「やったね」・・・
    白いスカーフの女の子が、主人公のコールテンくんを迎えにデパートへやって来て、ふたりで目を見つめ合っているシーンで、はたと無言になります。こどもと女の子とコールテンくんが、こころの中で見つめ合っているのでしょうか。
     大人はいつの間にか、現実の世界だけにしか身を置けなくなるのですが、
    こどもはいつも、コミュニケーションの相手探しを楽しんでいるように思えます。
    「ともだちって、きっときみのような ひとのことだね」・・・大人のこころに響きわたる一撃です。くまのぬいぐるみではなく、ひとりのともだちとして迎え入れるこどものこころに、敬服するばかりです。
     しあわせはいつも、目の前にあることを教えてくれたDon Freemanさんに感謝。

    掲載日:2013/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい気持ちになれそう

    冒険あり、癒しあり、優しさあり、とっても楽しくて、心が温まる絵本です。
    コールテンくんがボタンを探しに行くところも大好きなのですが、リサがコールテンくんにボタンをつけてあげるシーンが一番大好きです。
    「あたし、あなたのこと このままでも すきだけど、
    でも、ひもが ずりおちてくるのは、きもちわるいでしょ。」
    ……名言です。
    たとえ欠点があったとしても、大好きなら気になりませんもんね。
    もういい大人な私ですが、小さなリサに、大切なことを教えられました。


    掲載日:2013/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんわかします

    デパートで誰かが買ってくれるのを待っている、くまのぬいぐるみ。新品のはずなのに、着ているズボンのボタンが一つ取れているのに気が付いて、それを見つけに夜のデパートを冒険!

    とてもかわいいお話です。それに加え、コールテンくんを気に入った女の子がとても良い子。ダメと言われてもわがまま言わない、自分で何とかしようとする、コールテンくんに取れたボタンをつけてあげる時に言う一言。娘を持つ親として、胸がキュンとします^^
    何でも欲しがるわがまま娘に見習って欲しいけど、親が簡単に与えすぎて、子供に大切なモノを見えなくさせてしまっているのかも・・、とちょっぴり反省もしました。

    掲載日:2013/06/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くまのコールテンくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(177人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット