なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

くまのコールテンくん」 大人が読んだ みんなの声

くまのコールテンくん 作・絵:ドン・フリーマン
訳:松岡 享子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1975年5月
ISBN:9784032021905
評価スコア 4.79
評価ランキング 364
みんなの声 総数 179
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 大切な友達

    人間だけが大切な友達ではありません。
    好きなものや人形、動物、植物。
    心と心が通じ合って、
    それが通い続けて友達ってなるんですね。
    女の子もお金もって買いに来てくれて
    とれかけたボタンを直してあげる。
    こういうの、本当の友達のような気がします。
    心が温かくなりました。

    掲載日:2011/04/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心がジーンとしてきました。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    くまのコールテンくんは、大きなデパートのおもちゃ売り場にいました。どの動物も、人形も、早く誰かが、家に連れていってくれないかなあと思っていました小さなくまのこを買っていこうとする人はなかなかいません。
    ところがある日、ひとりの女の子がコールテンくんの前に立ち止まりました。

    やって、連れていってもらえると思ったコールテンくんでしたが、そうではなかったようです。そして、ちょっとした冒険を体験するのです。読みながら、ハラハラドキドキ…
    コールテンくんの運命はと心配しました。
    女の子の優しさに、思わず涙がこみ上げてきました。ひとつひとつの言葉が、心に染みとおってくるお話です。言葉の意味を、心に刻みながら、何度でも読んであげたいお話です。

    掲載日:2009/06/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • とても優しいお話ですね。

    絵のあまりの可愛さに惹かれ、初めはほとんど読めもしない洋書版を買ったのですが、後に翻訳版がある事を知り、そちらもじっくり読んでみました。
    コールテンくんは可愛いテディベアーですが、つなぎのボタンが一つとれてしまっているので、なかなか買い手が現れません。
    そんな時、優しい女の子が、お母さんにお願いしても買ってもらえないからと貯金を崩してまでコールテンくんを買ってくれるのです。
    誰かに買ってほしい一心で、コールテンくんは小さな体でそれはとてつもなく広いと思われるデパートでボタンを探す姿には、読んでいて胸が熱くなりました。
    連れて帰って女の子がつけてくれたボタンは、きっとコールテンくんの勲章であり、二人の友情の証です。今度は無くさないようにね、と心の中で思いました。

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • ともだち

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    この絵本を読む子どもたちは、コールテンに心を添わして、一緒に真夜中のデパートを冒険します。
    くまのぬいぐるみと女の子の出会いは、お互いにびびっとくるのもがあったのでしょう。
    一度はお母さんに買ってもらえなかったぬいぐるみを、次の日に自分のおこづかいで買いに来てくれます。
    ほっとする終り方で、読み終わって温かな気持ちになれます。
    ともだちっていいなあと感じる絵本です。
    小さな子どもにお薦めです。

    掲載日:2009/03/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • ☆かわいい☆

    • 15さん
    • 20代
    • その他の方
    • 京都府

    コールテンくんの表情や仕草がとってもかわいいです。
    シンプルな絵なのですが、コールテンくんの気持ちが伝わってきます。
    ボタンがないことに気づいて、探しているコールテンくんにはウルウルきました。
    リサちゃんと出会えて本当によかった!
    コールテンくんのぬいぐるみが売っていたら欲しいなぁ。

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • あたたかみ

    あたたかみのある表紙は、いつも目がすいよせられます。
    そして、そんな絵がそえられた物語もあたたかいです。
    ぬいぐるみと女の子ではありますが、心がつながったことが伝わってきて、「友だち」っていいなあ、と思えます。
    いつ読んでも、やさしい気持ちになれる絵本です。

    掲載日:2017/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おうちに連れていってもらいました

    あんまり目立たないぬいぐるみのくまさんの一日が描かれています。
    デパートのおもちゃ売り場で買ってくれる人を待っているお人形たち。
    ボタンが取れていると、言われて自分のボタンを探しに行くコールテンくん。
    見るもの見るものに素直に感動するコールテンくん、読んでいるうちに
    だんだん愛着がわいてきます。
    おこずかいを貯金箱からだして、翌日コールテンを迎えに来てくれた
    リサとおうちに行けてよかったこと。
    コールテンくんの言葉に、リサが私もよ!と答えてくれたので
    二人の心は通じ合っているのだなとうれしくなりました。

    掲載日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもちゃの気持ち

    デパートのおもちゃ売り場に置いてあるくまのコールテンくん。
    だれかに買ってもらうのを待つ日々。ある日、女の子が気にいってくれましたが、お母さんはボタンがとれてるし新品じゃないみたいと言い買ってくれませんでした。くまのコールテンくんがとれたボタンをさがしにデパートの中を冒険する様子はとてもハラハラして面白いです。
    でも最後にあのときの女の子がもう一度買いにやってきてくれて…というストーリー。
    おもちゃの世界のストーリーで定番といえば定番ですが、心温まるラストで感動します。可愛らしい絵本で女の子が喜びそうです。

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛く切なく温かい。

    売り場に並ぶぬいぐるみのコールテンくん。女の子がコールテンくんをほしがりますが母親にボタンが取れているからと連れていってもらえません。「ぼくボタンが取れてるの気づかなかった」とうつむくコールテンくんが切なくて切なくて。最後には素敵な出会いがあって心が温まります。

    掲載日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • よかったね!コールテンくん

    くまのコールテンくんが、リサに「ずっと前からこんなくまがほしかったの」と言われたそのひと言。

    それによってコールテンくんの心にどれだけ明かりが灯ったか。
    そしてどれだけ自信がついたことか。

    その晩に、とれてしまったボタンを探しにデパート内を冒険するコールテンくん。
    行く先々で「ぼく、ずっと前から○○したかったんだ」とつぶやくのは、リサの言葉が焼き付いている証のような気がしました。

    翌日、リサと再会して抱きしめられたコールテンくんを見ていると、あたたかさで胸がいっぱいになります。
    なぜならリサは本当に優しい女の子なんです。言葉だけではなく行動にも愛情があふれ出ています。

    よかったね!コールテンくん。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くまのコールテンくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • てのひら
    てのひら
    作:瀧村 有子 絵:藤田 ひおこ 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    入園後に泣いている子ども達へ――ママの素敵なおまじない☆


あかちゃんが言いやすいことばで、おしゃべりスタート♪

みんなの声(179人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット