ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

地下鉄のできるまで」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

地下鉄のできるまで 作・絵:加古 里子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1987年10月
ISBN:9784834003512
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,959
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人も納得!

    電車が大好きな4歳の息子、電車の仕組みにも興味を持ち始めたので、まだちょっと難しいかなと思いつつ、この本を買ってみました。

    地下鉄はどうやって出来るのか。
    地下にトンネルを掘る、と一口に言っても、いくつもの工法があるんですって。
    どうやって掘っていくのか、地面の下はどういうふうになっているのか、がしっかり図解されています。

    大きい文字で平易な言い回しの文章、そして絵の中には小さい字でより詳しい説明が書かれています。
    なので、年齢が小さいうちは大きい文字だけ読んで、大きくなって理解力が増したら細かい説明も読む、というふうに、長く楽しめる本になっています。

    作者はだるまちゃんシリーズで有名な加古里子さんです。
    電車が大好きなお子さんに、お勧めです。

    掲載日:2008/11/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読み聞かせ担当はパパ

    電車やプラレールが大好きな息子に読んであげましたが、やはり4歳児には少し早過ぎたようです。でも主人は興味津々。息子が分かりやすいように説明しながら、男2人で絵本を覗き込んでいる光景はほのぼのします。地下鉄に乗った主人から「○○線は○○工法だったよ」と報告が来る事も。子供よりも大人が楽しめる絵本かもしれません。
    かこさとしさんは、こんなタッチの絵も描かれるんですね。多才です。

    掲載日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難しいけど興味津々

    タイトル通り、地下を掘って地下鉄ができるまでのことが描かれています。掘削工事など専門的なことも描かれているので、4歳の息子には難しいのですが、電車大好きなのでなんども読んでいます。

    絵も地下の断面図がほとんどなので、息子には立体的に考えて理解するのがまだ難しかったです。

    最後に、この絵本で「地下鉄の電車はどうやって地下に入るか」の疑問が解けたのはうれしかったようです。

    電車好きなら、少々難しくても興味を持って読み進められると思います。

    掲載日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • よみごたえ満点

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、男の子1歳

    長男は電車大好き。
    本屋さんで、どれでもいいから好きな絵本選んでねって言ったら、これになりました。
    他にも電車の本はあったのですが、この写実的な絵や、詳細な説明がよかったみたいです。
    トンネルの工法や、地下鉄の線路がどう作られてるのかなど、
    大人でも知らないようなことがいっぱい書いてあります。
    まだ、専門用語が理解できるまでには読み込んでいませんが、
    長く楽しめる絵本になりそうです。
    1歳の次男も、電車の絵を見て喜んでいます(^^)

    掲載日:2011/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車好き必見

    電車大好きの息子。
    でも、電車をテーマにした絵本は書店でも数冊・・・。
    図書館でも、写真付きのものや、図鑑はあっても、なかなか
    「これ」というものはありませんでした。

    この本は、「4歳の子には難しすぎるかなぁ」
    と、心配しながら購入しましたが、
    すごい食いつきが良かったです。
    読んでいる私の方が???と難しいところがありましたが(笑)
    電車が好きな息子の心をしっかりと掴んで離さない1冊です。

    もう少し大きくなってからも、電車への理解が進んでからも、長く楽しめる本だと思います。

    寝かしつけに・・・と思い買ったので、寝かしつけには向いているかは微妙ですが、電車好きな子には、是非読んであげたい本です!!

    掲載日:2009/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほどねえ

    息子にはまだ難しいかなあ、と思いつつ借りてみたら、見事にはまっていました。
    地下鉄工事の様子を説明している本ですが、30年以上生きてきた私でも知らないことばかり!

    私はあまりこういうことに興味がないので、大きい字しか読もうとしませんでした。
    しかし、息子は小さい字も読んで!とリクエスト。
    説明は難しいと思いますが、電車好きのこどもには、この説明も、とてもおもしろいものなのでしょう。

    何度も何度も繰り返し読んで(最初は図書館で借りていたのですが、あまりに気に入っているので途中で購入しました)、いつのまにやら「開削工法」やら「土留め壁」について、幼稚園の先生や、クラスメイトのママさんに熱く語るようになっていました(笑)

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「地下鉄のできるまで」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット