ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

ぐりとぐらのえんそく」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぐりとぐらのえんそく 作:中川 李枝子
絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1983年03月
ISBN:9784834008920
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,567
みんなの声 総数 168
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ほのぼの♪

    初めて読んだぐりぐら。ネズミの目線で描かれた世界が面白いです。遠足に来た二匹が毛糸を手繰ってくまさんに出会うお話。遠足の楽しみと言えばやっぱりお弁当!みんなで仲良くお食事するシーンが好きです。ほのぼのしますね。そして美味しそう。絵の細かさや文章の長さは2歳児にはまだ早かったみたいです。もう少し大きくなったらまた読んであげたいです。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 体操がお気に入り

    対象年齢は4歳からのようですが、2歳の息子でも最後までおとなしく聞いていられる大好きな絵本です。

    特に体操のシーンでは、膝の上で大きく体を動かしてノリノリ♪

    ぐりとぐらの絵本は歌うように読めるところが好きなんですが、

    「遠足の楽しみは リュックの中のおべんとう」

    がうまくリズムがつけられないのが悩みどころです(笑)

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • いーとーまきまき♪

    • みそぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳

    ぐりとぐらが遠足へ出かけました。
    お昼ごはんが楽しみで早く食べたいぐりとぐら。
    でもお昼に鳴るはずのベルはなかなか鳴りません。
    そこで体操をしたりかけっこをしたりしていると、イバラに引っかかったながーい糸を見つけました。
    糸をまきまきしながらたどっていくと素敵な出会いがありました。

    おかげでぐりとぐらの持ってきた目覚まし時計もあっという間に鳴って
    楽しいおべんとうタイムの始まりです。

    掲載日:2014/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの気持ちに♪

    この「ぐりとぐら」のシリーズは、何度読んでも、おもしろいと
    感じることのできる、とても貴重な絵本だと思います。
    このえんそくも、わくわくどきどき、次は何があるんだろう?と
    子どもの気持ちを、絵本の世界へぐっとひっぱってくれる、
    楽しい絵本です。
    中川李枝子さんは、教育の現場にいらっしゃっただけあって、
    その部分がとても上手だと思います。
    娘もいつのまにかぐりとぐらの大ファンに♪
    友達みたいなぐりとぐらは、ほんとにかわいいです!!

    掲載日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毛糸の先は

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    遠足にでかけたぐりとぐら。
    お昼ご飯になるまでにいろいろと動くぐりとぐらがいいですね。
    そんな2匹が見つけた毛糸…一体先には何があるんだろう?とぐりとぐらといっしょになって楽しみでした。
    2歳児に読み聞かせましたが毛糸がほどける、というのが理解できたかな?
    ぐりとぐらはお弁当もりもりでさすが!と思いました。

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • くいしんぼう

    2歳の息子に読みました。
    ぐりとぐらが大好きです。

    たくさんの食べ物が入ったリュックを
    背負って遠足。
    お昼までにはまだだいぶ時間があるよ。
    さって、おなかをすかすため?
    マラソンした二人
    そこで毛糸をみつけグルグル。
    いきついた先はくま

    そしてくまも一緒にお昼ご飯!

    私までお腹すいてきちゃった!

    掲載日:2013/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2歳半の息子に図書館で借りました。

    大人にとってはなんてことないストーリーなのですが、
    やはり話の運びがうまいと思います。
    子どもにとってちょっとしたことが、初めてで大きく心を捉えることだったり、
    ドキドキ想像を膨らませることだったりします。
    この本はそれをよく分かった上で描かれている、
    読みながら、息子を見ていてそう思いました。

    リュックを背負って、水筒を下げて。
    「えんそく」という響きは、それだけで小さいこどもの心をくすぐるものです。
    お昼にならないので、体操をしたり、マラソンをしたり。
    これらは、大きな公園によくいく息子にとっても
    「公園でよくしているよね」と親近感を持って読めた導入部分なようでした。

    そして、ころんで、毛糸をたぐり寄せて丘を上り下り、
    えんどうまめくらいの玉がぐりとぐらより大きくなっていって…
    幼い息子にとって「ころぶ」ことは、痛くて大変な惨事なのでここで感情移入して気持ちを切り替え、
    そして、毛糸の玉がどんどん大きくなっていくことに息子は興味津々です。
    そんなところに、引きのイラストのページがあって…。さすが、うまい!

    家の中はかわいいし、こどもたちの大好きなくまが出てくるし、
    大きいくまと小さいぐりとぐらの対照的な感じも楽しいし、
    おいしいお弁当も出てくるし。

    大袈裟ではない、どちらかというとシンプルなストーリー&絵ですが、
    子どもの心をとらえて離さず、いい一冊だと思いました。

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しみお弁当

    お弁当が大好きな息子。
    お出かけのためのお弁当ではなく、
    お弁当を食べるための、お出かけ。
    そんな様子が、ぐりとぐらと一緒なので、
    これを選んで読んであげました。

    初めて読んだのは2才時。
    ちょっと早いかな?なんて思ったのですが、
    最後までちゃんと聞いていました。
    こんなに長いお話も楽しめるようになったんだな〜と
    嬉しくまた感動もした絵本です。

    どっちが、「ぐり」でどっちが「ぐら」なのか
    絵本を読み始める前に必ず確認をするのが、
    可愛い息子ちゃんです(笑)

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • マイペースなクマさん

    遠足の最中に見つけた、ながーい毛糸。
    それを辿っていくときのワクワク感がたまりませんね。
    小さくなってしまったセーターにまったく気づいていないクマさんも、ほのぼのしていてかわいいです。

    遠足の一番の楽しみって、やっぱりお弁当なのかなぁ。
    12時になるのを待ち遠しそうにしているぐりとぐらが面白いです。

    今は寒い季節なのでとても遠足する気にはなれませんが、あたたかくなったら娘と遠足に行きたいなぁと思いました。

    掲載日:2012/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族?

    初めてのぐりぐら絵本です。
    息子はなぜかくまがでてきたときに
    パパと言ってました。
    そして、赤がママ、青が自分で、クマがパパ・・
    って家族?と驚きながら読みました。
    まさか、ぐりとぐらを家族に見立てるなんて。

    最後に一緒にお弁当食べるところは
    何を食べてるか一緒に考えました。
    パンとか、小さなコップとか。
    二歳児でもしっかり見てましたよ。

    掲載日:2011/06/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぐりとぐらのえんそく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット