しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ぐりとぐらのえんそく」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぐりとぐらのえんそく 作:中川 李枝子
絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1983年03月
ISBN:9784834008920
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,565
みんなの声 総数 168
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 運動会とお弁当

    • ぷりこさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子6歳

    えんそくの楽しみは、もちろんお弁当♪ぐりとぐらは、待ちきれなくて体操をして、マラソンを始めます。まるで運動会みたいですね。先日、幼稚園の運動会だった息子は、この場面でリレーを思い出したようで、ぐりとぐらはどっちが勝つかな〜と言って、次のページをめくると二匹とも転んでしまっていたので、可愛そうだと言っていました。そこにある毛糸の行く先に何があるのかを楽しみにしながらページをめくっていくと、○○さんの家に行き、○○さんのだいじなものや、おりょうりの本、○○のとも等、を息子が見つけて嬉しそうでした。お弁当を三匹で食べるところで、息子も食べたくなっていました。

    掲載日:2013/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遠足って楽しい!

    はりきって遠足に出かけたぐりとぐら。

    あんまりはりきりすぎて、もう一杯時間を過ごしたはずなのに、お弁当にはまだまだ早すぎる時間。一体どうなるの?と思っている時に、事件が・・・。

    お話はどんどん展開し、みつけた毛糸をクルクル巻いて玉にしていくうちに、大きなクマさんに出会います。自分が着ているセーターの糸がほつれているのに気が付かないのんきなクマさん。

    この絵本を読んだのがちょうど子どもに手編みのベストを編んでいる頃で、実際に家の中に毛糸玉があり、手で触ったり転がしたり、興味津々だった実体験があったので、子どもも毛糸玉の行方が、とても興味深かったようです。

    最後はいっしょにお弁当タイムでめでたしめでたし。でもこんなに大きなクマさんと一緒にランチしても大丈夫なお弁当の量って、すごいな、ぐりとぐらのリュックにどんなふうに詰められていたのだろう?と、最後まで楽しめるお話でした。

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぐりとぐらの小ささ

    • びーびさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子8歳、女の子6歳

    子供達の大好きぐりとぐらシリーズです。
    ぐりとぐら食欲が母ぐらい貪欲です。
    目が卑しいともいいましょうか・・・小さいんですよ、あなた達!胃袋も!と母心・親心で注意したい気持ちにかられます。
    またゲストが出てくるんですが・・・・今回はいったい・・・ぜひ読んで見てください!

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぐりとぐらのえんそく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット