くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

だいじょうぶ?だいじょうぶさ!」 大人が読んだ みんなの声

だいじょうぶ?だいじょうぶさ! 作・絵:ダビッド・モリション
訳:小宮 悦子
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,480+税
発行日:1998年
ISBN:9784097272670
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,412
みんなの声 総数 8
「だいじょうぶ?だいじょうぶさ!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夢でよかった。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    アルバートとヘンリーは、スーパーマシンを作ろうとしています。これができあがると、素敵な物をたくさん作ることができて、暮らしがとっても便利になるはずでした。ところが、その機械から何かネバネバしたものが落ちてきたのです。
    考えるとぞっとするお話でした。世のなか、便利になってきたのですが、そこからくる弊害も色々と出ていることを忘れてはいけないはずです。目先のことだけにとらわれていると、あとで困ったことになるよと教えてくれます。
    私たちの子どもたち、またその子どもたちも、ずっと安心して生活できる世の中でいられるように務めていかないといけないと思いました。
    動物の描き方にも、特徴があります。
    訳者は、『ニュースステーション』の元キャスターの小宮悦子さんです。彼女からのメッセージも載せられています。

    掲載日:2009/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だいじょうぶ?だいじょうぶさ!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

どうぞのいす / バムとケロのそらのたび / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / ちゃんとたべなさい / 大型絵本 ひとまねこざるときいろいぼうし / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ


『星のゆうびんやさん ハイタツマン』「アキレスケンさん」 インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット