十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

1から100までのえほん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

1から100までのえほん 作・絵:たむらたいへい
出版社:戸田デザイン研究室 戸田デザイン研究室の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1986年
ISBN:9784924710238
評価スコア 4.12
評価ランキング 17,639
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 数の絵本の中ではオススメの1冊

    2歳半の娘に買いました。
    まだ早いかなと思ったのですが、まったくそんなことはありませんでした。
    表紙をめくった最初のページからくいついていました。
    ちょうど10まで数えられるようになった頃だったので、10のところをひとつひとつ指差しして「いーち、にー、さーん・・・」と数えていました。
    また中のページも、よく見ると5ずつの塊を意識するような絵になっていて、数学的な視点をよく取り入れた内容となっています。
    大きなサイズの絵本なので、見やすくてそれもいいなと思います。
    数の絵本をお探しならオススメできる一冊です。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読む方はタイヘンです

    1の枠の中はコアラが1ぴき、家が1つ、ヨットが1艘。
    2の枠の中はコアラが2ひき、カニが2匹。
    3の枠の中はコアラが3びき、魚が3びき、タコが3びき、オットセイが3頭、木が3本。
    ・・・とこだわっているところがいいなぁと思います。
    ストーリーはややムリヤリ感も否めないのですが、数が増えるとともにページいっぱいに広がる動物たちや花などのイラストが圧巻で、思わず大人の私も数えたくなってしまったり。
    ただ、他の絵本よりページ数が多いのに加えて子どもがいちいち数えたがるので、時間がかかり読んであげる方はお付き合いがタイヘンかもしれません。。
    でも娘はお気に入りの1冊のようで、何度も読んでとせがまれています。

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • コアラなんだけどね・・・

    数字に興味がでてきたので、こちらの本を購入。お勉強というより、ストーリー仕立てになっているので、他の本と変わらないかたちで、読ませやすいです。コアラが主人公?ですが、息子はコアラの事を、クマだと思っているもよう・・・私もクマに見えました(^_^.)息子の好きなたこやヘリコプターも出てくるので気に入ってます。

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「1から100までのえほん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / パンやのくまさん / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.12)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット