庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おおきなかぶ」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

おおきなかぶ 作:A・トルストイ
絵:佐藤 忠良
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1966年06月
ISBN:9784834000627
評価スコア 4.79
評価ランキング 358
みんなの声 総数 453
「おおきなかぶ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • やっぱり良い

    有名なトルストイさんのおおきなかぶ。今はいろんな種類のものが出ているみたいですが、私は自分が小さかったときに見たのがこの本の記憶があり、この本が原作のような気がしたのでこれを選びました。1歳の娘にはちょっと長いお話だし、内容もまだ早いと思いましたが、「うんとこしょ、どっこいしょ」のリズムが読みやすく、なかなかかぶが抜けなくって「うーん」と困った顔しながら読んでいると娘も楽しそうに聞いてくれました。みんなで助け合ってひとつのことを成し遂げる素晴らしさをこの本では味わえると思います。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 掛け声を一緒に

    うんとこしょ、どっこいしょ このフレーズは子供の心に響きます。何度も何度も読んだ本です。人形を並べて大きなかぶごっこも楽しいです。寝ているパパを「うんとこしょ どっこいしょ」で起こしてくれたりします。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 物語は良いけど、食育には不向きですよ。

    子どもが1〜2歳のころに繰り返し読みました。
    「うんとこしょどっこいしょ」の繰り返しが子どもには楽しいようで、
    ぬいぐるみを縦に並べて、大きなかぶごっこをしつこくやりました。

    私が子どものころ、小学校の教科書に載っていた記憶があるのですが、
    このお話を純粋に楽しめるのは、1〜3歳くらいの幼少期なんじゃないかと思います。
    いずれにしてももう半世紀以上読み継がれた本です。
    読み継がれるには理由があるんだろうなと思いました。

    しかし。
    畑でカブを育てている者として、ちょっと気になること。
    カブは、丸い体全部が土の外に出ていて、細い根っこだけが土に植わっている状態で育ちます。
    抜くときはすぽっと簡単です。
    このお話を書いた人は、カブが植わっている姿を見たことがなかったのだろうなと推測します。
    ちなみに大根は、本体の8割くらいが植わっているので、抜けにくいのですが。
    というわけで、食育には不向きです。
    息子は畑でカブを見て、2歳くらいでこの絵本のおかしさに気付きました。

    掲載日:2016/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おててをつないで

    近所に大きなかぶがあったので、それを見てから読んでみました。

    内容はまだわからない年頃ですが、

    うんとこしょ、どっこいしょと一緒に引っ張るところが大好き。
    まだまだとか、それでも〜と言いながら遊んでいます。

    ずっと愛される絵本ですね。

    掲載日:2016/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが名作!

    • 野風さん
    • 20代
    • ママ
    • 熊本県
    • 女の子1歳

    なかなか興味を示してくれなかった娘も、
    最近、この絵本が大好きになりました!

    なんといっても
    「うんとこしょ!どっこいしょ!」の動きですよね。
    絵本は前に立てかけて、
    娘と一緒にカブを引っ張る動きをしてあげると、もう大喜び^^!

    1才でも充分に楽しめる絵本です^^

    大好きな動物たちが、どんどん現れるのも嬉しいようです^^

    「ねずみがねこを・・・、ねこがいぬを・・・」と
    繰り返し読むのは大変ですが、・・・娘が喜ぶから!
    何度だって読んでみせます^^!

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘も一緒になって・・・!!

    私も子どものころ絵本や国語の教科書で読んで親しみがあったので娘にも読んで聞かせましたが・・・1回読んだだけで娘もハマりました!!

    同じような展開が繰り返される単純な内容が,逆に娘にはわかりやすかったようです。また「うんとこしょ,どっこいしょ」とかぶをひっぱる場面では,毎回娘も一緒になって「うんとこしょ,どっこいしょ」と言ってひっぱるマネをしています。

    この絵本を読んでから,娘は実際のかぶも好きになり,スーパーでかぶを見つけたら「かぶ食べたい」とリクエストするようになりました。

    掲載日:2015/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食事が楽しくなりました!

    「うんとこしょ、どっこいしょ。まだまだかぶはぬけません」
    一歳の息子はこのリズム感ある繰り返しが大好きです。
    以前はかぶはあまり好きではなかったようですが、この絵本を読みだしてから食事でかぶを食べるとき
    「かぶだよ〜」と声をかけると 本棚を指さして、
    「うんとこしょ、どっこいしょ」と前後に体をゆらし、
    「まだまだ〜」で首を横に振りながらかぶを食べています。

    私も小さい頃大好きだった絵本です。

    掲載日:2014/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長年愛されるお話♪

    かぶが美味しい今の季節!
    私が幼稚園の時に読んだ絵本で
    娘にもぜひと思い購入しました!

    昔から変わらずみんなに愛されてるこのお話は
    ロシアの昔話なんですね!知らなかった!
    たしかに絵も昔から外国風〜☆

    この表紙の絵をみただけでと
    「うんとこしょ、どっこいしょ」
    とおもわず言いたくなる!
    皆で力を合わせる素晴らしさ
    達成したときの満足感が感じられるお話です☆

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい

    • ふみばあばさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 男の子1歳

    昔からあるお話で、読んでいる私も大変懐かしく、楽しくなりました。
    1歳の男の子が、おじいさん達のまねをして、私を引っ張って遊びます。
    とても可愛いです。
    気に入って何回も読んでと持ってきました。
    ほとんど同じフレーズなので、何回も読むのは少し疲れます(笑)

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二世代絵本。

    いろんなサイトや保育園で「おススメ」と言われて手に取った絵本。
    この絵、どこかで見たような・・・。
    あっ!小学校のとき、国語の教科書にのってなかった!?
    主人と盛り上がり、さっそく図書館で借りたところ、当時の息子(0歳8ヶ月)はびっくりするくらい無関心。
    両親そろってがっかりしていました。
    それでも、私と主人は「今見ると絵がすごい感情こもってるよね。」「これ、トルストイが作者やったんや!」と言って楽しんでいました。

    2歳を間近に控えた今、この絵本が通っている保育園で大ブームだと言われ、「うんとこしょ、どっこいしょ」のフレーズを口にすると、なんと、あれだけ無関心だった息子が、体を左右に振りながら「うんとこしょ、どっこいしょ」と復唱!
    自分たちの興味もあり、早速絵本ナビショップでこの絵本を購入しました。
    読んだことがある、と言う土台があったからかもしれませんが、やはり、絵本にはその絵本に合った月齢もあるんだな、と再認識しました。
    世代を超えて語り継がれる名作です。

    掲載日:2013/09/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おおきなかぶ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / じゃあじゃあびりびり / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(453人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット