ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

るすばん」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

るすばん 作・絵:さとう わきこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1995年04月30日
ISBN:9784834012910
評価スコア 4.29
評価ランキング 14,057
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • さとう わきこさんの作品!!

    さとう わきこさんの絵本なので、わくわくして図書館から借りてきました。おんなのこがなにをやらかすのかたのしみです。
    おばけがでたら どうしようと、あたまにやかんをかぶり、手にはふとんたたき、アイロン、綱をもって用心してます。絵をみているだけで、おばけのことなどわすれてしまいます。お留守番の不安な様子がつたわります。ちょっと、ばばばあちゃんとおんなのこが重なりますが、それだけ、ばばばあちゃんの印象が強いのでしょう!
    おかあさんは、「手」しか登場してませんが、おんなのことおかあさんの関係は、おかあさんがおんなのこの気持ちをよく理解してるとおもいます。おんなのこと毎日よく接していると思います。「しかる」こともしつけだと思いました。ぶつぶつ怒る事はできてもなかなか「しかる」ことが出来ないでいます。この絵本はそのことを教えてくれます。

    掲載日:2008/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • さとうわきこさん

    ばばばあちゃんが大好きで、同作者さとうわきこさんの作品だったのでこの絵本を選びました。さとうわきこさんらしくとても楽しい絵本でした。女の子の想像力が大きくてどんどん広がっていくところが一番の見所でした。お母さんは手しか登場しませんがとても存在感がありました。お母さんは娘の心をとてもよく読んでいるなと思いました。お母さんも面白いから子供も面白いのだなと思いました。私も娘とこんな関係の親子になりたいなと思いました。

    掲載日:2008/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「るすばん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / くだもの / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



めいろをなぞりながらクイズでも遊べる絵本!

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット