ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ロッタちゃんとクリスマスツリー」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ロッタちゃんとクリスマスツリー 作:アストリッド・リンドグレーン
絵:ヴィークランド
訳:山室 静
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1979年12月
ISBN:9784033270500
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,483
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ロッタちゃんかっこいい!

    「あたい、やろうとおもいさえすれば、なんだってできるのよ」
    自分でこんな風に言うように、ロッタちゃんはなんだって
    できるんだ!そう思います。
    行動的で、元気で。
    でも考えてみれば、我が子もロッタちゃんに似てるかも。
    いや、我が子だけでなく小さい子どもというのはこんな風に
    「やろうとおもいさえすれば、なんだってできるのよ」って
    思い込んでいるふしがありませんか?
    それでもってなんだってかんたんにできると思っていたことが
    実はできなくて、癇癪をおこしたり、泣いたり八つ当たりを
    したり、卑屈になってみたり・・なんてことが日常茶飯事なのでは
    ありますが(汗。
    娘のそんな様子に怒ったり困ったりする私ですが、絵本でロッタ
    ちゃんに接するのとおんなじように(できるだけ)、もうちょっと
    引いて我が子を見てみたれば、もしかしたら、あんまり怒ったり
    困ったりすることもなく「意外とやるじゃん」なんて思えるのかも
    なあって思いました。
    たくさんのロッタちゃんに乾杯!

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすがロッタちゃん

    元気いっぱいのロッタちゃんシリーズ、この本ではクリスマスの出来事が描かれています。

    「なんでもできる」と言い張るロッタちゃん。
    いろいろ無茶をするけど、とっても優しい心の持ち主です。
    毎年楽しみにしているツリーが今年は手に入らないという父親の言葉に、家族のみんなもしょんぼり・・・
    そこでロッタちゃんの出番です!!
    はたしてロッタちゃんはツリーを手に入れることができるのか??

    私が小さいころに児童書で読んで大好きだったロッタちゃん。
    以前に映画にもなりましたよね。
    こうして自分の好きだったお話を、自分の子どもと一緒に楽しめることはとても嬉しいことです。
    息子も、元気なロッタちゃんが大好きです。

    ロッタちゃんは女の子だけれど、男の子でも十分楽しめる絵本です。

    掲載日:2009/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ロッタちゃんとクリスマスツリー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / いないいないばあ / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / こんとあき / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット