十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おおきなおおきなおいも」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

おおきなおおきなおいも 作:市村 久子
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1972年10月
ISBN:9784834003604
評価スコア 4.84
評価ランキング 102
みんなの声 総数 164
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • みずみずしい空想の世界

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    お芋堀りが延期になったことから始まった、子どものお芋を使った(?)空想のお話。
    子どもの遊びをヒントに作られた絵本ということですが、本当に子どもの自由で生き生きとした頭の中の空想が伝わってきます。大人が考え込んで作ったのではない、子ども独特の自由な世界です。大きな大きなおいも、どうなるんだろうとドキドキさせてもらいました。おもしろかったです。

    掲載日:2016/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしい想像力

    「さあ、いよいよあしたはいもほりえんそくです」「わーい」と会話文が続くおはなし。読み物の形をしていますが、小さい子でも読めるシンプルな構成の本です。
    お芋掘りが雨で延期になり、仕方なくこどもたちはおいもの絵を描きます。お芋は何ページにも渡ってどんどんどんどん大きく描かれて、とてつもなくおおきなおいもになります。
    そのおいもをヘリコプターで運び、プールに浮かべてふねにしたりしていっぱい遊び、最後にはお芋パーティーを開いて食べちゃうこどもたち。そんな子どもたちの素晴らしい想像力がそのまま絵本になっています。
    シンプルなのになぜか動きのある赤羽末吉さんの絵が素晴らしいです。

    掲載日:2015/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空想って素晴らしい!

    幼稚園の年中への読み聞かせで使わせていただきました。
    私は大人になってからこの本を知りましたが、読み聞かせボランティアのお母さん達や幼稚園の先生方が小さい時に読んでもらって嬉しかった本として大変好評だった様です(^-^)

    子供達が大好きな芋掘り。
    掘った芋をどうする?
    子供目線で進む展開、大人が見ていてもドキドキします!

    目をキラキラさせながら「そんなんないわ!」とツッコミ入れる子供達。
    だけど止まる事を知らない空想の世界に、子供達はどんどん引き込まれて、共感して、最後は大きな拍手!
    オナラのシーンは圧巻ですよ(笑)

    空想する力がないと、大人になってから苦労します。
    この子達が少しでも豊かな人生を歩める様に、今のうちいっぱいいっぱい空想してね♪

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • いもらす、いもらす☆

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    小さい頃に何度も読んだ中毒性のある絵本です。
    この絵本はなんといってもおいも!
    子供たちの想像で
    とてもとてもおおきなおいもが登場します。
    線画でユーモラスな絵です。
    何ページにもあたって描かれるおいもに驚愕、
    それを食べておならで飛ぶ、いもらすたちも愉快。

    さつまいもの美味しい、実りの秋には読みたい一冊です。
    シンプルな線の絵の物語、
    自分も美味しい想像をめぐらせてみてください。

    掲載日:2014/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きな大きなゆめ

    芋掘りが雨で延期になって、園児たちが思い描くおいもさんの夢は果てしなく大きいのです。
    おいもさんたどんどん大きくなるって、先生に教わって園児たちはとてつもない物語を描いたのです。
    実際の教育実践の話を基に、園児たちの感覚で赤羽さんが描いた絵も、とても楽しさがありました。

    掲載日:2014/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 創造力を育める♪

    おいもほり当日は雨。

    延期になってしまい子供達はがっかりするも、おいもを紙に描き始めます。

    そこから創造力が膨らんで…?

    予想以上のおいもの大きさに驚きです。

    息子もワクワクしながら見ていました。

    この絵本を見るとお絵描きがしたくなってしまいそうです。

    読み聞かせは秋頃にしてあげるのがおすすめかな、と思いました。

    絵が特徴あって、楽しいですよ♪

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主役はおいも!

    雨で中止のいもほりえんそく。
    『待てば待つほど、おいもは大きくなるよ!』
    先生のなぐさめのことばから、広がったおおきなおおきなおいも。
    こどもの想像力は無限。
    コレ、ほんもののおいもほりより、ずっと楽しいかも(笑)
    どんなときでも、ポジティブに変えてくれる
    こども達の発想力に脱帽です!

    この本の一番素敵なところは、おいも以外の絵が、
    実に簡素に描かれていること☆黒の線のみ。
    だって、主役はやっぱり『おいも』!!
    描いて、掘って、遊んで、食べて。
    オマケはやっぱりオ・ナ・ラ☆
    おいも、無駄なく使い切りました〜♪

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 芋ほり楽しみ〜

    • りょうあおさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子7歳、女の子5歳

    おっきなおっきなお芋が書かれていて、「本当にこんなに大きなおいもが抜けるかな?」と子供達はワクワク。幼稚園、学校、家でも自然と触れて、自分の手で食べ物を取るのは楽しい、自分で取った食べ物だから更に美味しいと子供達が感じてくれるのは本当に良いですね。お芋だけでなく他の野菜、果物も子供達は取りに行きたい!と大変です。

    掲載日:2011/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • さつまいもをたべたがるようになった息子

    こどもの頃読んだことが懐かしくなる、シンプルな絵とお話は、今こどもである息子の心をガッチリキャッチ。お腹までキャッチしたらしく、さつまいもを食べたかるようになりました。
    心とお腹を満足させてくれるこの本は、
    時代を超えてなおこどもの心に定着するみたいです。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼児の気持ちに寄り添った一冊

    中学の国語の先生にオススメされて購入しました。紫色と黒の2色刷、版型も小さめと地味なつくりなのですが、とても迫力のある絵です。

    初めて読んだのは3歳の頃。反応は薄めでした。5歳(年中児)のいま、芋掘り遠足が中止になったシーンや、さつま芋の食べすぎで宙を舞うシーンでオオウケです。

    ページ数の割りに文字数は少なめで、寝る前の一冊にもオススメです。

    掲載日:2011/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おおきなおおきなおいも」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(164人)

絵本の評価(4.84)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット