貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

とりかえっこ」 0歳のお子さんに読んだ みんなの声

とりかえっこ 作:さとう わきこ
絵:二俣 英五郎
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1978年6月
ISBN:9784591005187
評価スコア 4.45
評価ランキング 8,109
みんなの声 総数 140
  • この絵本のレビューを書く

0歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 劇あそびににも

    「ぴよぴよ」「ちゅうちゅう」「けろけろ」・・・
    鳴き声の響きが良いのか、0歳からの息子お気に入りの本です。

    ひよこがねずみやかえるなど出会う動物と
    鳴き声をとりかえっこしていくお話です。
    しかし、最後にでてくるのはカメ!
    カメってどう鳴くの?
    初めて読んだ時は考えてしまいました。

    いろいろな動物がでてくるものの、
    1対1のやり取りが続くので親子で
    劇遊びに発展できそうです。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遊びすぎて・・・

    いろんな動物と鳴き声を交換して、自分の泣き声を失う話。

    最後はカメと鳴き声を取り換えっこするが、
    カメって、「むっ」と鳴くんだっけ?!
    そんな作者の世界観が面白いです。

    ヒヨコは自分の鳴き声をどうやって取り戻すんだろう?!
    この先が気になる作品です。

    絵はしっかりと描かれているし、
    ストーリーはオリジナリティにあふれているので、
    手元に置いておきたい一冊です。
    特にヒヨコの絵がかわいいです。

    掲載日:2009/02/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とりかえっこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / やさいのおなか / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット