もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

とりかえっこ」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

とりかえっこ 作:さとう わきこ
絵:二俣 英五郎
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1978年6月
ISBN:9784591005187
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,416
みんなの声 総数 136
「とりかえっこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • こんがらがっちゃう

    ひよこが鳴き声を取りかえっこして、いろんな動物の鳴き声になっていきます。
    いろんな動物の鳴き声に入れ替わっていくので、子どもはこんがらがっちゃうようです。
    あれー???と首をかしげながらも、おもしろそうに絵本を見ていました。

    掲載日:2014/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと混乱するかな

    ひよこがお散歩をして出会った動物たちと鳴き声をとりかえっこしていくお話です。
    娘にはちょっと難しかったかな。
    「あれ?おかしいね」と言っていたので、なんとなくはわかっていたかもしれません。
    亀の鳴き声が出てくるのですが、これは初めて知りました。合っているのかな?
    小さいお子さんだと、ちょっと混乱してしまうかもしれません。

    掲載日:2014/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鳴き声

    何を「とりかえっこ」するのかと思ったら、何と「鳴き声」でした。
    本当に驚きました。
    そして、予想以上に面白かったです。
    子供も「なんか変だぞ?」と気づいて、笑っていました。
    最後になっても、ひよこの鳴き声は戻らないまま。
    これからさらにどうなるのか、気になりました。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな鳴き声

    ひよこがいろんな動物に会い、鳴き声のとりかえっこをしていく話。最後にとりかえっこした鳴き声にはニワトリ母さんも唖然…。動物の鳴き声は幼児には心地良い響きを持っているし、身近な動物も登場するので喜びます。ただの擬音語の繰り返しだけで終わらず、小さな子供でも理解できるそれなりのストーリー性もある点が良いです。

    掲載日:2011/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい発想

    • レースさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    どうぶつの鳴き声をとりかえっこするというおもしろい発想にびっくりしました。

    小さい子どももちゃんと理解して、笑っていました。

    特に、さいごのカメの「む」は笑えます。

    ページ数が、卵で表されていたり、森の中にいろんな虫や生き物がでてきたりして、細部まで楽しめました。

    掲載日:2011/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鳴き声が分かるかしら?

    ひよこがお散歩で出会う色々な動物たちと“鳴き声”をとりかえっこするという、
    単純ですが、わかりやすくかわいいお話です。

    最後はおうちに帰ってママとお話。
    ママが聞いた鳴き声は・・・「む」
    この辺りは、読んでいる大人も一緒に笑ってしまいます。

    やっぱり動物モノは、わが子の食いつきもいいです。
    すっかり動物になりきって、鳴き声を披露してくれました。

    掲載日:2011/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声だけ取り替えます

    2歳10ヶ月の息子に読んでやりました。「とりかえる」ことを覚え、なんでもとりかえたくてしょうがないのです。この絵本では、「鳴き声」を取り替えます。ひよこがどういう理由かはわかりませんが、鳴き声を色々な動物と取替え、最後に猫に襲われそうになったとき、わんわん!と犬の鳴き声をして回避できたというお話。ちょっと不思議だけど、おもしろいかも。

    息子には読みながら、「おかしいねー、へんな泣き声になったねー」と何度も繰り返し、なにがおかしいのか、なにが正しいのかを教えながら読んでやりました。動物の鳴き声を教えてやりたいと思ったら、この本がいいかも!

    個人的にはこの取り替えた声をこれからどうするんだろう?どうやって戻すんだろう?とそればかり気になりましたね。

    掲載日:2010/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に可愛い!

    ひよこさんが、鳴き声をとりかえっこしながら散歩するお話です。危うく猫に襲われそうになったときに、そのお陰で助かります。最後の最後のとりかえっこも、とても微笑ましいです。

    2歳の息子に読みましたが、絵が可愛く、動物もいっぱい出てくるので、0,1歳でも充分楽しめると思います。
    2歳の息子は、”ねこちゃんを、追っ払ったね”と、満足そうに、祖父母に解説していました。

    絵のタッチがとても優しく、とても心が和む一冊です。

    掲載日:2010/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界なのにとりこに!

    絵本コンクールでお勧めと書いてあったので購入。
    何を取り換えっこなのかと思い読むと、意外にも鳴き声を取り換えっこ?!

    ひよこちゃんの鳴き声がケロケロになったり、ブーブーになったり、ワンワンになったり!
    とても不思議な話なのに、それだけで終わらず声を取り換えっこしたおかげでピンチを免れたり。
    結末もとても面白くてよくできたストーリ!!

    2歳になったばかりの息子にはまだ理解できないかと思いましが、イラストを見ながら鳴き真似をして読み進めます。
    小さな虫がイラストの中に書いてあったりするので、息子はそれを見つけるのも大好きで、ページの隅から隅までいつもジーっくりと見ています。

    さいごに取り換えっこした鳴き声が「む」なので、ひよこのイラストを見るたびに「あーーー!「む」だ!」と言うようになってしまった息子に少し笑えますが、難しい「む」というひらがなもこの絵本であっさり覚えてしまいました☆

    取り換えっこした鳴き声が「む」なのが、とても楽しくてツボなようです。

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • む!

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    ちょっとレトロな感じの絵ですがおはなしは新鮮!声のとりかえっこという発想が楽しいです。そしてかめの鳴き声が最高。実際のかめの鳴き声がどうなのか、そもそも鳴き声があるのかどうか分かりませんが、読んでいるとついつい笑ってしまいます。小さい子から楽しめるかわいいおはなしです。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とりかえっこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / よるくま / ちょっとだけ / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

全ページためしよみ
年齢別絵本セット