にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!

とりかえっこ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

とりかえっこ 作:さとう わきこ
絵:二俣 英五郎
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1978年6月
ISBN:9784591005187
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,893
みんなの声 総数 138
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 『む』

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    一歳の娘に読もうと図書館で借りたら、
    一歳には、まだ『鳴き声をとりかえっこする』と
    いう内容が理解しにくかったのと、だいすきな猫が
    悪者っぽくなっていたからか、しゅんとしてしまい
    あまりみてくれませんでした。
    笑いのツボにハマったのは、4歳の長男の方でした。
    次々に鳴き声が交換されていく動物たち。
    最後のかめさんの鳴き声は、、、?
    しばらく『む』で会話するのが流行りました。
    絵の柔らかい雰囲気から、違う印象を受ける
    話の内容や展開、そして、出版年の古さに!
    いろいろと驚きながらも古いけど、新しさも感じた
    一冊でした。

    掲載日:2017/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいけどシュール…?

    表紙のかわいいひよこちゃんが目に留まり
    図書館から借りて読んでみました。
    おでかけするひよこちゃんが、いろいろな動物に出会い
    なんと鳴き声をとりかえっこします♪
    とくに最後の亀さんととりかえっこした鳴き声「む」が、
    シュールでおもしろかったです。
    文章は少なめで読みやすいですが、赤ちゃん絵本に近いと思います。

    掲載日:2016/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 集中できな〜い

    「幸せの絵本」紹介されていたので手にとった作品です。

    かわいらしいひよこの表紙だったので、
    ひよこが散歩している途中でいろんな物をひろって、
    それをいろんな動物と交換していくお話なのかしら?

    と勝手に思っていました。

    しかし。
    とりかえっこって、そんなまさか、鳴き声なの!
    その突拍子もない発想に、ぐっと引き込まれました。
    いい意味で裏切られる絵本です。

    4歳の息子にはちょっと幼すぎるかな?なんて心配していましたが、
    文字が読めるようになった今だからこその楽しみ方があって、
    親子で十分楽しめます。


    お話の内容もさることながら、
    息子が一番気に入ったのは、それそれのページのすみに書かれた
    小さな絵。

    たまごからひよこがかえってころんでみみずを・・・と、
    本編のお話そっちのけで、ページをめくる度に、
    延々と説明してくれる息子・・・。

    集中できなーい!

    でも、これが絵本の醍醐味ですよね。

    手にとったらぜひすみの小さな絵にも注目してみてくださいね。

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • のどの調子がいいときに

    • だいちまるさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子0歳

    挿絵がとっても美しく、紙の質もちょっと特別で
    小さな子どもの感性をより研ぎ澄ましてくれそうな絵本です。

    話のストーリーもひよこの声がどんどん
    他の生き物の鳴き声になって、
    読むほうもその度にもっともらしい鳴き声を出すのが
    醍醐味であり、楽しいところだなぁ、といつも思っています。

    上の子が0歳から読んでますが、いまだにたまに
    「これ読んでー」と持ってきてくれます。
    下の子も好きみたいです。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が日本って感じです。

    娘が4歳の時に読みましたがもっと小さい子に読んでやると喜びそうな絵本でした。
    ヒヨコが『ピヨピヨ』と声を変えていくので言葉を覚えたばかりの子に読んでやると喜ぶのではと思います。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も気に入りました

    長女が幼稚園で自分で選んで借りてきた絵本。
    初めて知った絵本ですが、とてもかわいらしくって読み聞かせにもぴったりだなと思いました。
    2歳の次女も一緒に楽しめました。
    幼稚園で一度読んでもらったそうですが、おもしろかったので家でも呼んでもらいたくて借りてきたそうです。
    動物がいろんな声で鳴くのがかわいいですね。

    掲載日:2011/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい泣き声交換

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    どんどん泣き声が変わっていくひよこさんのお話です。
    交換していったのはいいですが、どうやって元に戻るんでしょうね?
    全体にクリーム色っぽいほのぼのとした絵と、ひよこさんの愛らしさが印象に残りました。

    小さい子向けのお話会で使わせてもらいましたが
    反応はとても良かったです。

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • かめって鳴くんだ

    ひよこちゃんがお散歩に出かけます。ひよこちゃんは途中で出会った動物たちと鳴き声をとりかえていくというお話。

    ひよこなのにぶうぶう鳴いたり、わん!と吠えてねこを追い払ったりするのが面白かったようです。子どもも一緒に鳴き声を声に出して楽しんでいました。
    最後にかめが登場するのですが、かめが鳴くとは思っていなかった息子。「かめってこうやって鳴くんだ」とみょうに納得していた思い出がある本です。

    二俣さんの描く、やわらかいタッチと色合いの絵が素敵で大好きです。
    後ろにいる動物さんの家族の様子や虫たちも喜んでみていました。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とりかえっこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ちょっとだけ / よるくま / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット