モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

あらしのよるに」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

あらしのよるに 作:きむら ゆういち
絵:あべ 弘士
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年06月
ISBN:9784062102933
評価スコア 4.83
評価ランキング 130
みんなの声 総数 136
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ページをめくるたび、ドキドキ!

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子6歳

    いつも読む絵本より、ちょっと長めの絵本ですが、それを感じさせないほど、文章も読みやすくて、次の展開が気になっちゃう絵本です。

    息子はひつじが食べられてしまうのでは?!とハラハラドキドキして、次のページをめくるのに「早く早く」とせがまれるほどです。続きが気になって、次のシリーズも読むことになりました。

    掲載日:2014/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 早く続きが読みたくなります!

    ずっといつか読んであげたいと思っていた絵本です。
    長い話も聞けるようになり、そろそろこの面白みがわかるかなと思い、まず一冊図書館で借りてきました。

    あらしの夜に、暗がりの小屋の中で出会ったオオカミとヤギ。
    真っ暗で何も見えないものだから、
    オオカミは相手をオオカミだと思い込み、
    ヤギは相手をヤギだと思い込む。
    勘違いしたままに二人の会話は続きます。

    普段は食べる側と食べられる側のオオカミとヤギ。
    当然心配なのは、正体がばれて食べられてしまわないか?ということ。
    それが、正体がばれそう!と思うと、絶妙な展開でギリギリばれなくて、読んでいるほうはハラハラドキドキです。
    うちの子も、始終真剣に聞き入っていました。
    また会う約束をした二人。
    この後二人の関係はどうなっていくのか、早く続きが読みたくなります!

    掲載日:2012/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • また読みたくなっって

    数年前に、映画にもなった話題の作品ですよね。
    その当時、借りてきて読んでいました。
    子供はまだ小さくて、興味のない年齢だったので私が一人で読みました。

    最近になって、私が「また読みたいな」という気分になったのと、上の子も「そろそろ、このお話がわかるかな」と思ったので、改めて読んでみました。

    何度読んでも、新鮮な世界が広がり、何度もドキドキしてしまいました。

    続きは知っていても、「早く続きが読みたい!」と強く思いました。

    シリーズ一気に借りてくれば良かったー。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 役作りを 存分に楽しんで

    一年生ぐらいで自分で読めますが、
    この本は、やはり熟練(?)した大人の読み聞かせが オススメです。
     
    声色を変え、オオカミとヤギの役作りを 存分に楽しんでください。
     
    シリーズで続きますが、私はこの一作目が 一番好きかな。
    ハラハラドキドキ加減が、たまりません。
     
    読んでいる自分が一番楽しんでいるかも ・・・
     
    あ、もちろん、聞いている子供も夢中ですよ。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 映画でみました。

    残念なことに映画ではじめてこのお話をしりました。
    映画がとてもおもしろかったので、本でも読みたくなって全シリーズを子どもたちに読み聞かせしました。
    映画で観るまえに、本を読めばよかったなぁというのが一番の感想です。一度映画をみると、こどもの頭の中には映画の映像が流れてくるんじゃないかなと思うからです。
    とにかくよく出来たお話なので、いつか我が家の本棚の仲間入りをしてもらいたいと思っています。

    掲載日:2011/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結末の無い結末

    • 赤きゃみさん
    • 40代
    • その他の方
    • 山口県
    • 女の子6歳

    相手の「顔」が見えない中での会話…
    電話、メール、チャットなど、
    実生活でもいろいろ思い当たることがあって、
    楽しくもありドキリとさせられたり、複雑な気分を味わえます。
    「結末」の後の展開についても、
    どんどん想像がふくらむ素敵な作品です。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何ともスリリングです。

    DVDで「あらしのよるに」を見てから、息子と少しずつ絵本も読んでいます。

    順番に関係なく読んでいるのですが、この作品が第一作目。

    あらしのよるに、雨宿りで知り合った二匹。お互いに好感を抱くのですが、オオカミとヤギということは読者のみしか知りえないことというのが、何ともスリリングです。

    活字でもう一度読むと、二匹の息遣いが聞こえてきそうで、ドキドキしました。

    掲載日:2008/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハラハラ

    映画でもお馴染みのあらしのよるにシリーズ!!
    食うか食われるかの関係のヤギとおおかみが小屋の中で一緒に過ごすという、すごい展開に子供たちはハラハラドキドキ!!
    娘たちが5歳と3歳の時に初めて読んでみたのですが好奇心あふれる目で聞いていました。
    この先も「読んで読んで〜」攻撃^_^;
    続きが楽しみになること間違いなし!!

    掲載日:2008/05/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あらしのよるに」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ / こんとあき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット