だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

つきよのかいじゅう」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

つきよのかいじゅう 作・絵:長 新太
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,359+税
発行日:1990年
ISBN:9784333014941
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,799
みんなの声 総数 64
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 確かに・・

    秋にピッタリ!!と、図書館で借りてきました。

    お月さんが綺麗だな〜と、読んでいっても怪獣は出てきません。。。

    ん、何やらこれはもしかして 「足?」「足だよね〜?」

    子供は、もうすぐ怪獣出てくる??とワクワクしながら、
    読み進めていくも、終わってしまいました。

    ??????????私も子供も・・??????

    何とも子供には難しい絵本でしたが、「パパが読んであげたい本」
    とありました。なるほど、これは納得です。

    絵が綺麗でしたよ!!

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • 衝撃をうけます

    かいじゅうと思われた、湖のなぞの物体。。。実は・・・・

    かなり衝撃をうける絵本です。
    私は、苦手分野の絵本ですが、娘にはややうけ。
    全体的に、色彩からしても地味な感じですが、長新太さんの世界が全面に出ています。
    読み込めば、じわじわおもしろさがやってくる。そんな感じですかね。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさか!

    湖のそばで10年も怪獣が出てくるのを待っている男がいた。
     結構 壮大なストーリーなのか と、ワクワクした。
    ある夜 ついに怪獣が出てきた!
     月夜の湖 シーンと静まりかえっている・・・ ドキドキする。
     ウワー でてきた!! ページをめくるのが楽しみだ!!

    長 新太さんらしい裏切りが このあと待っていた。
    ドキドキから大笑いへ・・・
    あんなに笑ったのに、読み終わったあと 妙に落ち着いた気分になる不思議な絵本でした。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大爆笑

    かいじゅう好きの娘。
    どんなかいじゅう?と期待を込めて読んでいくと・・・
      え〜!シンクロ?何この足?
    と大爆笑でした。
    ・・・・・で、かいじゅうは?

    奥の深い笑える絵本でした。

    掲載日:2011/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 後からも思い出しわらいが

    長新太さんの作品は何冊が読んでるのですが
    これが娘には一番はまったようです。
    しばらくたって、
    「あの大男ののなぁ〜」と何度も話したり
    「あれはないわ〜」とつっこんだり。
    それを何度も聞いてたせいか、
    私まで、ふとおもいだして、
    つきよのかいじゅうの「絵」を思い出すと
    なんかニタニタ。
    ナンセンス絵本ってこういう楽しみがあるんですね。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「つきよのかいじゅう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(64人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット