だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ぼくびょうきじゃないよ」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくびょうきじゃないよ 作:角野 栄子
絵:垂石 眞子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1994年08月
ISBN:9784834012415
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,698
みんなの声 総数 53
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 病は気から

    小学校の読み聞かせの会で知りました。
    親戚のお兄ちゃんと釣りに行くという前日にひいた風邪。
    なんとか治したいと思ったら、その気持ちがくまさんを登場させてくれました。
    熊式のうがいに熱さましに寝方。
    一風変わった治療法でしたが、無事風邪は治りました。
    熊の表情がお父さんなら、お母さんは本当のお母さん。
    でも、本当に風邪を治したのは自分自身ですよ。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • クマ先生が3回やってきて

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子8歳

    初版が1989年とあるので、今から約20年も前の作品ということになります。それだけ長い間多くの人に愛されてきた絵本なんですね。
    よく耳にする作品だし、自分でも今回読んでみて、絶対前に読んだことがある!はずなのに、多分、うちの子どもたちに読んだのはこれが初めてです。(どうしてだろう?)

    うちの子どもたちはもう結構育ってしまっているので、主人公のケンの年ぐらいのとき(たぶん幼稚園くらい)に読んであげたかったです。
    道に迷ったクマ先生が何度もケンの部屋を訪れて、その度に県ケンはちょっとずつ風邪の症状を直してもらって…。子どもたちにとったら夢の話ですよね〜。
    昔話のように、クマ先生が同じ調子で3回やってくるところもストーリーにリズムがあって、読みやすかったです。

    掲載日:2009/02/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • クマの絵が迫力あります!

    • 月見草さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子8歳、男の子1歳

    3年生の読み聞かせの時に読みました。
    もともと家で読んであげていたのですが、クマの絵がとてもリアルで迫力があるのと、このぐらいの年齢の子たちなら、誰もがこの男の子の気持ちが手に取るようにわかるみたいで、娘はもちろんのこと、学校の子供たちも、クマと男の子のやり取りを、とても楽しんで聞いてくれていました。私もこの本は大好きです。

    掲載日:2008/06/28

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくびょうきじゃないよ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(53人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット