たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ぼくとポチのたんてい手帳」 大人が読んだ みんなの声

ぼくとポチのたんてい手帳 作・絵:きたやまようこ
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2001年
ISBN:9784652008874
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,104
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一番あやしいのは・・・

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    あやしい場所へでかけるぼくとポチ。
    いつの間にか貼られているポスターに、探偵気分になるぼく。
    捜査を始めるとそこには意外な展開が・・・

    子供の好奇心がよくあらわれているこの本ですが、
    探偵気分のぼくの真剣さがまた面白さを増していますね。
    あやしい場所を調べるのですが、何よりぼくの姿が一番あやしいです。笑

    同伴する犬のポチもまたいい味が出ています。
    あやしい場所をちゃんと鼻でクンクンとしていますが、その結果がラストのビックリする展開へと繋がっていくのですね。

    ぼくとポチは、見ていると本当に癒されます。

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとりドキドキ楽しみました☆

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子15歳、女の子12歳、女の子7歳

    きたやまようこさんの描く世界観が大好きな私。
    先日読んだ「ぼくとポチの12人のともだち」がすごくよかったので、このシリーズをまた借りてきました。

    せっかく次女に読もうと思ったら、「クリスマスの絵本がいい!」と却下され、仕方がないので、ひとり寂しく読みました(苦笑)。

    ぼくとポチが、連日、あやしい場所(森とか海岸とか・・・)に出かけていくと、1日目には何も起こらず、二日目には何かを発見するもののとりあえず帰り、3日目には・・・???

    という、お決まりの繰り返しが楽しく、あやしい雰囲気にドキドキし、
    事件の展開にプププと噴き出してしまいます。

    探偵七つ道具の中に、必ずポチが入ってるのが笑えます。

    そしてラストの犯人は・・・???
    困った顔のポチが、とってもかわいいです♪
    難事件、無事解決してよかった、よかった。

    「ぼく」のように、何気ない場所でも、何かを発見し、あれこれ考えたり、調べたりすると、たいくつな毎日じゃなくなるかもね。
    子どもたちよ!ゲームばっかり熱中しないで、本物の探検を楽しんでみたら?!

    掲載日:2008/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくとポチのたんてい手帳」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / くだもの / ピヨピヨ スーパーマーケット / もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット