もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ゆうかんなアイリーン」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

ゆうかんなアイリーン 作・絵:ウィリアム・スタイグ
訳:おがわ えつこ
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1998年
ISBN:9784915632327
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,009
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 母の存在が起爆剤

    娘が興味ないと言ったけど読んだら、すぐ惹きこまれました。
    てっきり着いた先で意地悪を言われると思ったけど、優しくしてもらえてホッとしたそう。

    お母さんがしんどい時に、どうにかしてあげたい!がんばる!という気持ちが清々しい。娘にあるかどうかは置いておいて。
    ダメになりそうな時に、勇気を奮い立たせるのは、やはりお母さんの存在。子どもが一人で立ち上がってこられる力を、普段のお母さんの存在が作っている。
    なにを言うわけでもなく、存在だけでもうひと頑張りできるんだね。
    そうした娘を、誰よりも知っていて、信じているお母さんがすてきだなぁ。

    我が子を褒められて、謙遜ではなく、堂々と肯定してあげるって、子どもの自尊心を作る大事な要素かも。
    冬にいいですね。
    スタイグさん、制覇したくなった。

    掲載日:2010/12/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • 前向きに頑張るアイリーンが好き。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子8歳

    前にお話の講習会で読んで頂いたことはありましたが、自分で読んだのは初めてです。
    この絵本は親子でじっくり読んでもいいし、大勢で聞くお話し会で読んでもお薦めできる絵本です。
    年齢もあまり問いませんが、主人公の年を考えると、楽しめるのは幼稚園くらいから小学生くらいのお子さんが最適かもしれません。

    絵本の舞台が寒い冬の、雪の日なので、読む時期はやっぱり今頃が雰囲気が出ますよね?それで読んでみたのですが、うちの子は今イチ食い付きがありませんでした。残念。

    主人公のアイリーンのお母さん想いのところ、頑張り屋のところ、前向きで勇気のあるところが、私は気に入りました。
    表紙の絵や題名のロゴの入れ方なども、アイリーンの冒険のすごさを物語っているように感じました。

    掲載日:2009/02/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ゆうかんなアイリーン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



双子のももちゃんとはなちゃんがくりひろげる、たのしい世界!

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット