雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

おちゃのじかんにきたとら」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

おちゃのじかんにきたとら 作・絵:ジュディス・カー
訳:晴海 耕平
出版社:童話館出版
本体価格:\1,400+税
発行日:1994年9月
ISBN:9784924938212
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,927
みんなの声 総数 111
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵本の品格

    絵本にも品格があるものとそうでないものがあるということに気づかされた絵本で
    す。

    登場人物はトラと少女とママとパパなのですが、お茶の時間にきたとらが次から次へ
    の食べつくしていくのに

    ママも少女も次に何を出すかを考えている。

    全てを食べられてしまって、仕事から帰ってきたパパに何も出すことができなくなっ
    てしまって。。。

    でもパパは『レストランに行こう』と素敵な一言。

    なかなか言えるセリフではありません。素敵な一言に脱帽しました。

    掲載日:2017/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 受け入れること

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    おかあさんとソフィーという女の子がお茶をしていると
    チャイムが鳴ります。
    出てみるとそこには大きなトラがいます。
    次に来る展開を
    「キャー―――!」とかだろうなぁと勝手に身構えたものの
    「どうぞ」と一緒にお茶をするのです。
    それからお腹がすいたというとらにおうちのものを
    ドンドン食べさせてしまいます。
    おうちの中には食べ物がなくなりお父さんが帰ってきました。
    おとうさんもトラが来たこと、全部食べていってしまったことには
    特に何もいわずに
    レストランに行くのです。

    受け入れるということ
    先入観なく柔軟であるということって
    何とも穏やかで素敵です。

    掲載日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • トラの食欲

    お茶の時間にきたトラ。
    その食欲のすごいこと、すごいこと。
    家中の食べ物・飲み物を全てお腹におさめてしまいました。

    でも、誰も怒りません。
    困ったなと言いながらも、どこかのんびりした様子です。
    そして、家族はレストランで食事を楽しんでいます。

    トラの食欲によってメチャクチャになるかと思ったのですが、ハッピーエンドのお話に驚きました。

    トラのお腹よりも大きい心なのですね。

    掲載日:2011/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • また来てほしいね

     1人で先に読んでいた娘は、「この子、困ったライオンなんだよ!」と、第一声。(ライオン??まあいいや、ご愛嬌、ご愛嬌・・・)
     「あのね、テーブルの上のものも、冷蔵庫の中のものも、お父さんの晩御飯も全部食べちゃって、水道のお水も全部飲んじゃったんだよ!」  
    あらあら、それは困ったとらだね。

     でも、このとら、とっても礼儀正しくて、お行儀もいいんですよ。本当にお茶の時間にお呼ばれしても大丈夫なくらい。
    仕草も猫のようにかわいくて、ソフィーは、とらの横にぴったりくっついて離れません。こんなとらなら、またいつか来てほしいな、って思っちゃいますよね。ソフィーでなくても・・・。

     お父さんもとっても素敵です。臨機応変、しあわせなイブニングになりました。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奇抜な設定が楽しい

    • クマトラさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子1歳

    礼儀正しく、お茶の時間にトラが尋ねて来たり、
    家中の食べ物、飲み物を飲んでしまったり、子供にしたら
    規格外の出来事が起こるコトが楽しかったようです。
    私はと言うと…、それでもめげる所か、家族が
    別の方法で楽しく切り抜け、また訪れてくるやもしれぬお客の為、
    おもてなしの用意をする優しさが可笑しかったです。
    どんな状況でも明るく向えるって素敵ですね。

    掲載日:2010/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し小さな頃だったら

    お茶の時間に来たとらを無邪気に迎え入れるソフィーとおかあさん。

    家のものをすべて与えてのおもてなしに驚きました。こんな風に迎えられたら、訪ねた方にとってはこの上なく幸せなことではないか?と思いました。

    ただ、6歳の息子は、あまり興味を示しませんでした。

    もう少し小さな頃だったら楽しめたのかもしれないと思うと、少し残念です。

    掲載日:2008/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おちゃのじかんにきたとら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / だるまさんが / ねずみさんのながいパン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『海を飛ぶたね』<br> 暁ーAkatsuki―さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット